1.主の解放の矢

 これは敵に対する勝利の問題でした。そして、これは敵に対する完全な決定的勝利を与えるという主の御旨の問題でした。イスラエルの王が与ったことと主の御旨とは異なっていました。王は限定的な方法で勝利に与ることしかできませんでしたが、これは彼自身の過ちでした。主はそれを遥かに超えたものを備えておられました。私たちはすぐにこの点に戻って来ることにします。

 この問題は神の観点から見ると、主の敵を完全かつ決定的に征服することでした。解放と勝利の豊かさはエリシャの預言と関係していました。さしあたって、主の民の代表である王の理解が限られていたせいで、この預言の完全な成就は遠い未来に延期されたとはいえ、それにもかかわらず、主の解放の矢は放たれています。そして、この延期にも関わらず、究極的に主の民は完全な全き解放を得ます。この預言の中で彼らに対して解放が保証されています。この解放の矢は預言の矢であり、エゼキエルのような他の預言者たちに見られるもののさらに豊かな表れです。エゼキエルは枯れた骨の谷の幻を見ましたが、これには主の民の復活という勝利の活動の側面があって、最終的に彼らは自分たちの足で立って強力な軍隊になりました。これはみな、この解放の矢と関係しています。しかしそれ以上に、これは絵図として、型として、最後の敵に対する神の民の究極的かつ完全な霊的勝利を予見しています。「滅ぼされるべき最後の敵は死です」。この最後の敵である死に対する決定的勝利の保証、証拠、権利証書は、復活の命がすでに主の民に与えられているという事実です。

 この最後の敵は、キリストのからだである教会により、キリストの復活の力によって征服されます。教会はその価値に長らく与ってきました。教会は、自らの弱さのせいで、そのごく僅かしか知りませんが、最終的にこれは完全に実現されます。最後にこの最後の敵は教会によって滅ぼされます。主の御言葉はこの事実で満ちています。最後の敵が滅ぼされて、死が最終的に追放されるのは、キリストのからだである教会によってです。

 この保証は、すでに死に打ち勝っているキリストが、そのからだの中に住んでおられるという事実です。エペソ一・十七~二十一といった節を見て下さい。キリストの復活の力の内なる働きに由来する普遍的主権をそこに見ます。これを聖書の言葉で言い換えると、「御力の卓越した偉大さ」――これは復活によるものです――となります。これによって神は死者の中からイエスを復活させましたが、これは普遍的権威という結果になります。このように、敵のあらゆる力に対する普遍的権威がキリストの復活の力の中に宿っています。死を完全かつ決定的に滅ぼす力を復活の命は宿しています。キリストのからだである教会は、この力を知ることにより――「……どうか私たちの主イエス・キリストの神が(中略)知恵と啓示の霊をあなたたちに賜って神を認めさせて下さいますように。(中略)それはあなたたちが御力の卓越した偉大さを知るようになるためです」――かしらがすでにおられる所に到達します。

 この節から同じ手紙の三章二十節に行くと、同様のことが述べられています。「……私たちの内に働く力にしたがって」。これはいかなる力でしょう?「御力の卓越した偉大さ(中略)これを神はキリストの内に働かせて、死者の中から復活させました……」。「この御方に教会により、またキリスト・イエスにより、代々限りなく栄光がありますように」。ここに復活があります。


オリーブ園クリスチャン古典ライブラリー 本館
オリーブ園クリスチャン古典ライブラリー 本館へ

コメント
トラックバック
トラックバックURL
コメントフォーム
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
全記事表示リンク
検索フォーム
個人のブログに関するリンク集
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

電子書籍
Glorious Secret
ジェシー・ペン-ルイス
「栄光の奥義」


The Cross of Christ
アンドリュー・マーレー
「キリストの十字架」


ランキングサイト
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 聖書・聖句へ

人気ブログランキングへ ブログランキング

ブログのまどランキングへ ブログ王へ

ブログランキング【くつろぐ】

QRコード
QR
カウンター

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ