聖書朗読:列王記下十三章十四~二十五節

 これらの節はエリシャの生涯の最後の場面について記しています。際立った三つの点があります。

1.主の解放の矢
2.矢で地面を打つこと
3.死んだ兵士の体がエリシャの体に触れて生き返ったこと

 この三つの事例は、その生涯の霊的意義に照らして見るとき、エリシャの生涯の結末にとてもふさわしいです。つまり、エリシャは復活の命の力を始終代表しているのです。すなわち、彼が生涯ずっと担ってきた命の証しは、様々な多くの形を取る死に対する証しの一つなのです。ここでは、人生の終わりにあるエリシャが描かれていますが、その命は何と見事に保たれていることでしょう。

 過去に起きたすべての出来事に、これらの出来事は何とふさわしいことか。死に勝利する命がまさに最後まで貫いています。彼は病気であり、それによって死んだと御言葉は述べていますが、それは一つの面にすぎません。これは器である人に関係しています。エリシャは決して死ななかったという別の面もあります。器であるこの人が死ぬ時でも、死に打ち勝つ命の証しは保たれます。ですから、死人ですらこの証しによって生き返らされます。この証しはその器が亡くなっても継続します。それは力強い命です。

 ここでエリシャは寝床にいます。老人であり、人間的には弱さの中にあります。間もなく亡くなろうとしています。イスラエルの王が彼の所に来たので、彼は寝床で体を起こし、王に弓と矢を持って来て、弓に矢をつがえるよう命じます。それから、預言者は王の手の上に自分の手をのせて、二人で目一杯弓を引きます。そして、この矢は復活の命の力によって、寝床から開かれた窓を通って進んで行きます。復活の命がその矢の中にあります。死に打ち勝つ勝利の命は、主の解放のこの弓の力です。

 次に、矢で地面を打つように王は命じられます。王は三回打って、それきりです。神の人は王に怒ります。生き生きとしている王よりも瀕死の預言者の方に、依然として多くの力があります。彼は最後までまさに力の化身です。こう言っているかのようです、「なぜあなたは続けないのですか?なぜこんなにすぐ止めてしまうのですか?なぜこれをやり通さないのですか?」。彼は命と力を呼吸します。

 次に、たとえ彼の体は死んでいて墓の中にあっても、それに触れることは命です。これは素晴らしい結末であり、意義と霊的価値に満ちています。その全生涯にふさわしいこれ以上のものはありません。これ以上に素晴らしい結末や大団円はありえません。何か悲劇に見舞われて、悪の餌食になって殺されるか、あるいは、場面から簡単に消え去るなりして、もしエリシャが亡くなっていたなら、それは期待はずれなことだったでしょう。あらゆる方面で死に対する勝利を始終表しているものについて、そのようなことを連想することは決してできません。この証しがずっと未来まで保たれて、時の中から永遠の中に入ることを期待します。まさに、そうなります。この死に打ち勝つ勝利の命は、ここで終わるものではなく、継続します。これはその器よりも長生きする証しです。

 この三つの出来事に戻って、それが私たちに語りかけていることをある程度理解しようとする努めることにします。エリシャの生涯、エリシャの全生涯におけるこれらの出来事は、どれも奥が深くて豊かであり、時間を費やしてそれに触れることはできません。しかし、エリシャの人生の最後のこの三つの出来事には、私たちが学ぶべき、多かれ少なかれ明らかな教訓と思われる点がいくつかあります。


オリーブ園クリスチャン古典ライブラリー 本館
オリーブ園クリスチャン古典ライブラリー 本館へ

コメント
トラックバック
トラックバックURL
コメントフォーム
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
全記事表示リンク
検索フォーム
個人のブログに関するリンク集
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

電子書籍
Glorious Secret
ジェシー・ペン-ルイス
「栄光の奥義」


The Cross of Christ
アンドリュー・マーレー
「キリストの十字架」


ランキングサイト
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 聖書・聖句へ

人気ブログランキングへ ブログランキング

ブログのまどランキングへ ブログ王へ

ブログランキング【くつろぐ】

QRコード
QR
カウンター

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ