聖書朗読:列王記下六・八~二十三

 エリシャの生涯のこの区分に達する時、私たちは復活の力の究極的特徴に触れます。それは天の御座と関係しています。列王記下第六章と第七章に示されているのは、エリシャが天の御座に関して持っていたこの秘密の奥義的な接触です。あなたはここで、どちらかというと偶発的性格を帯びたものから離れて、状況の背後にあるものに至ります。エリシャと天の神の御座との間に秘密の、隠れた交流があったことがわかります。シリヤの王の計画と目的が暴露されます。エリシャは人によらず、いかなる人間的観察にもよらず、秘密の情報を得ます。何が起きているのか、自分自身の内で知ります。彼はすべての情報の供給源であるかしらと接触を持ちます。御座とのこの隠れた霊的接触に基づいて、彼は活動し、行動します。そして、死と破壊をもたらす諸々の計画を打ち破ります。

 新約聖書の言葉を用いると、エリシャは敵の策略について無知ではなく、それらを悟る地点に達します。これは霊的知覚です。霊的知識です。天にある統治の御座との霊的結合から発する知識です。

 シリヤの王が彼を襲おうとする時、同じ性格を帯びた二つの他の事が私たちの前に現れます。

1.エリシャの僕の目が開かれる

 主はエリシャの僕の目を開いて、主人がすでに見ていたもの、すでに知っていたもの、すなわち主の僕に味方する霊の軍勢を見せました。

 ここにもまた、とても現実的な方法による御座との合一、御座のすべての力との合一があります。

2.シリヤの軍勢は盲目にされる

 同じようにこの合一により力が注がれて、エリシャを捕らえるためにシリヤの王が遣わした大軍を盲目にしました。この御座との接触のおかげで、エリシャは敵軍の指揮を取り、統治者、支配者、指揮官となります。

 ある意味において、これはローマへの航海でパウロに起きたことを予表しています。彼がこの航海を始めたとき、人間的に言うと、彼は囚人でした。しかし最後には指揮官となり、すべて――船、乗組員、他のすべてのもの――が彼の指揮下にありました。これは、彼が御座に触れていたことによる霊的優位性の一つの事例に他なりません。

 次にまた、七章に記録されている飢饉を逆転させたことにも、この同じことが示されています。恐ろしい悲惨な飢饉があって、それには恐ろしいゾッとする面が伴っていました。翌日、ほとんどただで食物が手に入ります。略奪軍の軍勢はある噂のために引き返し、引き返すときに軍勢の食糧をすべて残して行きました。この食糧は神の民のための食糧になりました。エリシャの口が語った主の御言葉によって、これが起きたのです。

 これらすべての事柄では、二つの点、あるいは一つのことの二つの面を見ます。死に勝利する命の力がそこにありますが、それは御座との合一を表すものとしてです。これを認めるとき、次のことを認めなければなりません。すなわち、主とその復活の力とを知ることの究極的結果・目的は、今生においてすら、御座との合一なのです。それは主との天的な合一です。

 ここにおいて、エリシャの生涯の基礎を成すものが、その最も豊かで最も高邁深遠な姿で現れます。つまり、エリシャは自分の一生の務めを、天に昇った主人との霊的合一の確立に基づいて始めたのです。エリヤの霊がエリシャの上に下ったことにより、彼らは一つになりました。天にいるエリヤと地上にいるエリシャは、この霊のゆえに一つです。エリシャの生涯に起きることはみな、エリヤが天にいることの意義の表れに他なりません。

 これらすべてのことにおいて、いと高き方の右手に上られた主イエスの高揚の型を、とてもはっきりと見ることができます。キリストの僕であり、地上におけるキリストの器である教会は、聖霊によってキリストに結ばれています。したがって、キリストがおられる御座と堅く結合されています。教会が地上にあるのは、昇天した主のこの御座の力と主権を表すためです。この中に信者はみな、個人的にも団体的にも、主によって召されています。

 これはここで切り上げて、まず第一に主との合一の事実を簡単に見ることにします。


オリーブ園クリスチャン古典ライブラリー 本館
オリーブ園クリスチャン古典ライブラリー 本館へ

コメント
トラックバック
トラックバックURL
コメントフォーム
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
全記事表示リンク
検索フォーム
個人のブログに関するリンク集
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

電子書籍
Glorious Secret
ジェシー・ペン-ルイス
「栄光の奥義」


The Cross of Christ
アンドリュー・マーレー
「キリストの十字架」


ランキングサイト
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 聖書・聖句へ

人気ブログランキングへ ブログランキング

ブログのまどランキングへ ブログ王へ

ブログランキング【くつろぐ】

QRコード
QR
カウンター

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ