3.シュネム人の息子

 四章の後半、八節から三十七節に向かうことにしましょう。これをできるだけ明確な思想に凝縮したいと思います。ここにはいくらか意義深い変化があります。

 預言者の息子たちの妻の事例では、明らかに貧困、空しさ、欠乏に瀕している女性がいますが、油が彼女の空しさを豊かさに変えます。このシュネムの女の場合、まったく別の状況に遭遇することがわかります。彼女は「偉大な女性」と呼ばれています。これが意味するのは、一時的な事柄に関する限り、彼女は供給を豊かに受けており、安楽、豊かさ、豊富の中にあって地位もあった、ということです。もう一方の女性とは正反対です。ザレパテのやもめの場合、この女性のもとにエリヤは行って、何か食べる物をくれるよう説得しようとしました。それとは違って、この女性の場合、食べるよう預言者を説得しなければなりません。まったく正反対です。彼女はあらゆる面で富んでいますが、一つのものに欠けています。預言者はこの女性を見つめます。その家、食卓、僕たち、持ち物をざっと見ますが、その家に不足しているものは何もないのを見ます。彼にとって、彼女をさらに豊かにするのは大きな難問です。必要なものは明らかではなく、熟慮が必要です。このような女性に何をしてあげられるでしょうか?ゲハジが急所を突いて、「彼女には子供がいません……」と言います。さらなる深みに触れたのです。これは一つのことにすぎませんがすべてであり、他のすべてのものよりも本当に価値があります。この一つのことは、こうした外面的な全てのものよりも価値があります。この事実を息子に関する預言者の言葉が明らかにしています。女は「はしためを欺かないで下さい」と応えました。あたかも、「一生の願いが一つあるのですが、それは不可能です。そんなことはありえないと、きっぱりと決着をつけなければなりません。私は自分なりに戦ってきたのです。無理だと諦めてきました。今や扉は閉ざされています。この問題を再燃させるような状況に私をもたらそうとしないで下さい。そんなことをすれば、私はこの戦いをやり直さなければなりません。そのようなことを言わないで下さい。そんなことは決して起きるはずがありません。どれほど持ち物があっても、これに欠けているせいで私にとっては無に等しい状況に、私を舞い戻らせないで下さい!」と言っているかのようです。それにもかかわらず、預言者の言葉は成就します。そしてその時から、すべてがこの息子に向かいました。その後、「……ある日、その子は刈入れ人たちの所に出て行って、父のもとへ行ったが、父に向かって『頭が、頭が』と言ったので、父は僕に『彼を母のもとに運びなさい』と言った。彼を運んで母のもとに行くと、昼まで母のひざの上に座っていたが、ついに死んだ」。母はその子を取って預言者の寝台の上に置き、預言者のもとに出かけて行きました。あとの話はご存じでしょう。

最も必要なもの:豊かな復活の命

 人生における中心的現実、最高の要素とは何でしょう?他のものはたくさんあるかもしれません。主はアジアの諸教会の一つに向かって、「あなたは『自分は富んでいる、豊かになった、何の不足もない』と言っているが、実は、みじめな者、あわれむべき者、貧しい者、目の見えない者、裸の者であることを知らない!」と言われましたが、そのような状況があるかもしれません。あるものに欠けているせいで、あなたが持っている他のすべてのものは無に等しくなってしまいます。あなたはこれをすべて持っているかもしれませんが、一つのものに欠けていることにより、これらすべてのものに囲まれていても心の中は実は空っぽであることが明らかになります。何よりも重要なこのこととは、あなた自身の内側でキリストの復活の力を知ることです。良い物を外面的にはたくさん持っているかもしれませんし、宗教的に持っていさえするかもしれませんが、主が最も大切なものとして指摘しておられること、主のすべての子供の生涯で最も重要なことは、持ち物の豊かさではなく、キリストとその復活の力を知ることです。


オリーブ園クリスチャン古典ライブラリー 本館
オリーブ園クリスチャン古典ライブラリー 本館へ

コメント
トラックバック
トラックバックURL
コメントフォーム
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
全記事表示リンク
検索フォーム
個人のブログに関するリンク集
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

電子書籍
Glorious Secret
ジェシー・ペン-ルイス
「栄光の奥義」


The Cross of Christ
アンドリュー・マーレー
「キリストの十字架」


ランキングサイト
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 聖書・聖句へ

人気ブログランキングへ ブログランキング

ブログのまどランキングへ ブログ王へ

ブログランキング【くつろぐ】

QRコード
QR
カウンター

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ