2.高き所からの力の秘密を学ぶ

 エリシャが学ばなければならなかったもう一つの学課は、彼は力ある人であり、自分自身を徹底的に献げて、何をするにしても自分の天然の力をすべて傾注する人だったにもかかわらず、力は高き所からのものでなければならないということでした。「人は勤勉で熱心でなければならず、自分の力をすべて諸事に注ぎ込まなければならない」と述べたことと、「たとえそのような人でも、霊的に十分に有用な者になるには、そのための力は自分自身のものであってはならず、高き所からのものでなければならない」ということは決して矛盾しません。主は以前このような人のことを評価されたかもしれませんが、熱意と熱心さに満ちていたパウロですらそうだったように、人はすべての力を自分自身ではなく上から引き出す境地に達しなければなりません。力の秘訣は高き所からの力、遣わされた御霊であることをエリシャは学ばなければなりませんでした。その時だけ、私たちは生ける証しになります。その時だけ、私たちはこのような証しの器になります。いま述べているのはキリスト教の一般的な働きのことではなく、主が私たちの内に豊かな証しを持つようになることについてです。主の豊かな証しとは、まさに私たちの存在中にあるキリストの復活の力の現れであり、そのためには、私たちの存在のどの部分においても、力は自分自身によるのではなく、上におられる方によるものである境地に達しなければなりません。神の右手に上られた御方こそ、私たちの力の源であり、私たちのエネルギーの源泉です。彼が生きておられるので、私たちも生きます。彼の力により、ただその力によってのみ、私たちは生きかつ働きます。栄光の内におられる主こそ私たちのエネルギーです。エリシャはこれを型として学びました。この先ずっと、彼の資源は上からの御霊、昇天した彼の主人の霊でなければなりませんでした。私たちはこれをますます深く学ばなければなりません。


オリーブ園クリスチャン古典ライブラリー 本館
オリーブ園クリスチャン古典ライブラリー 本館へ

コメント
トラックバック
トラックバックURL
コメントフォーム
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
全記事表示リンク
検索フォーム
個人のブログに関するリンク集
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

電子書籍
Glorious Secret
ジェシー・ペン-ルイス
「栄光の奥義」


The Cross of Christ
アンドリュー・マーレー
「キリストの十字架」


ランキングサイト
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 聖書・聖句へ

人気ブログランキングへ ブログランキング

ブログのまどランキングへ ブログ王へ

ブログランキング【くつろぐ】

QRコード
QR
カウンター

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ