1.信仰と忍耐の試験

 最初の点は、召されたことを知った後にエリシャが受けた信仰と忍耐の試験です。エリヤは一方でエリシャを振り払おうとしているように思われることが分かります。これは有名な物語です。「ここにとどまっていて下さい……」「ここにとどまっていて下さい……」「ここにとどまっていて下さい……」。このようなエリヤの一つ一つの促しに対して、エリシャは「主は生きておられます。またあなたも生きておられます。私はあなたを離れません」と答えました。他方、彼らが訪れたすべての場所で、預言者の息子たちは、「主が今日、あなたの師事する主人をあなたから取られるのを知っていますか」と言って、彼を落胆させて思いとどまらせようとしました。この繰り返しに励ましの要素は皆無です。エリシャは「ええ、分かっています。あなたたちは黙っていて下さい」と言います。それは私には全く関係ありません。私は最後まで従い続けます。これを最後まで見取ります。主人を取り去ることが主の御旨かもしれませんが、それが起きる時私はその場にいるつもりです。こういうわけで、エリヤがエリシャをとどめようと繰り返し努めた意図が何だったにせよ、この人に影響を及ぼすことは少しも出来ず、振り払うことはできませんでした。エリシャは辛抱強さと忍耐とをもって信仰を行使しました。辛抱強さと忍耐がこの章の際立った特徴です。

 どのような面で彼の信仰は行使され、またどのような面で彼の忍耐は試されたのでしょうか?エリヤはエリシャが必要とするものを持っていました!このような局面では、落胆して振り落とされる人もいますが、他方、他の人々は進み続けます。「これは酷い言葉だ。誰がそんなことを聞いておれようか?」「それ以来、多くの弟子たちは去って行って、もはやイエスと共に歩まなかった」。彼らは多かれ少なかれあっさり落胆して立ち去りました。主は十二人の方を向いて言われました、「あなたたちも立ち去るのですか?」。シモン・ペテロは答えました、「主よ、私たちは誰のところに行きましょう。永遠の命の言葉を持っているのはあなたです」。主は必要なものを持っておられ、立ち去ることなど思いもよりません。振り落とされて落胆することなど思いもよりません。主と共に進み続けることしか考えていませんでした。なぜなら、主はこの命の本質的要素を持っておられたからです。自分の人生や努めのために必要なものをエリヤが持っていることをエリシャは知っていました。それでエリヤは「私にしてほしいことを求めなさい」と言いました。エリシャは答えました、「あなたの霊の二つの分を私に継がせて下さい」。エリヤは答えました、「あなたは難しいことを求める。あなたがもし、私が取られて、あなたを離れるのを見るならば、そのようになるでしょう……」。エリシャはエリヤが本質的なものを持っていることを知っており、振り払われたり、あっさり落胆することはありませんでした。エリヤは彼を払いのけようとしているように思われましたが、他方は払いのけられることを拒みました。彼は命がけでエリヤにしがみつきました。それに加えて、彼は信仰に関して、また忍耐強さに関して試みられていました。

 これはエリシャの準備の一部であり、主のすべての真の僕たちにも言えます。彼らはまさに最後の一滴まで忍耐を試される経験を通ります。この試みは、主さえも自分たちを振り払おうとしているかのような道筋に沿ってなされます。これはとても荒っぽい言い方ですが、こういうことはしょっちゅうあります。見た目だけですぐに判断して落胆し、「主は私を欲しておられないのだ。結局のところ、自分は召されたと感じているけれども、主はこれを実現して下さらないのだ」と思ってしまうのです。まるで何度も何度も戻されているように見えます。あなたには落胆するおそれがありますか?振り払われるおそれがありますか?あなたの信仰はあっさりと譲歩してしまうおそれがありますか?もしそうなら、この召しに関してあなたは少しも役に立ちません。キリストの復活の力を証しする僕になりたいなら、あなたは非常に多くの問題に直面するでしょう。もし可能ならあなたを戦いから締め出そうとするものに直面するでしょう。始める前に確立されることが大いに必要です。ある程度、これによって、あなたを逸らして落胆させることは容易でないことが立証されます。


オリーブ園クリスチャン古典ライブラリー 本館
オリーブ園クリスチャン古典ライブラリー 本館へ

コメント
トラックバック
トラックバックURL
コメントフォーム
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
全記事表示リンク
検索フォーム
個人のブログに関するリンク集
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

電子書籍
Glorious Secret
ジェシー・ペン-ルイス
「栄光の奥義」


The Cross of Christ
アンドリュー・マーレー
「キリストの十字架」


ランキングサイト
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 聖書・聖句へ

人気ブログランキングへ ブログランキング

ブログのまどランキングへ ブログ王へ

ブログランキング【くつろぐ】

QRコード
QR
カウンター

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ