「またあなたは良き御霊を賜って彼らを教え、あなたのマナを彼らの口に与え、また水を与えて渇きをとどめられました。」(ネヘミヤ九・二十)


 「またあなたは良き御霊を賜って彼らを教え」。主はキリスト以前の時代の族長たち、預言者たち、指導者たちに御霊を賜ったが、この御言葉はその事実を述べている。とても輝かしい生涯、驚くべき生涯、奇跡的な生涯を送ったと常に人々から見なされてきたこの人々は、恵みによって勝利を勝ち取ったのであり、彼らの勝利は主が「良き御霊」を賜って彼らを教えられた事実のおかげである。彼らの勝利や偉業は元を辿るとこの秘訣に行き着く。彼らを成功させたのは主の御霊だったのである。誉れを帰すべきところに喜んで誉れを帰す人は、今日比較的少ない。傑出した人物、人間的知恵、天才的人物の勝利について喧伝されているのを耳にするが、過去の偉大な時代の偉人たちの生涯に比肩しうるものは一つもないと言ってよい。彼らの人となりや行いは、神が彼らに「良き御霊」を賜った事実のおかげある。

 例として、ヨセフの生涯を挙げよう。ヨセフは旧約聖書の登場人物の中で最も欠点が少なく、最も有名な人の一人である。彼の勝利はどれも、主が彼の内側に御霊を置かれた事実のおかげである。ヨセフは兄弟たちから憎まれ、売られて家から追放され、地上で最低の身分に落とされた。彼は天からの神の御霊により神からの知恵を与えられ、ポティファルの台所から過去最強の帝国の王座に躍進した。これは主が「良き御霊」を賜ったからに他ならない。老朽化した独房に座っている彼を見よ。彼はまず憎しみを受け、その後忘れ去られたが、彼の心は神に対して信実で義しく、決して忠実さや誠実さを失わなかった。光を放つ彼の顔を見よ。その光はその老朽化した壁をかつて照らしたことのない光だった。誤解と中傷を受け、神以外の誰も触れることのできない所に倒れている彼を見よ。次に、「神の御霊を宿しているこのような人を見いだすことができようか!」といにしえの王自らが僕たちに言うのを聞け。確かに、神は御霊を賜って彼を教えられたのである。ヨセフの勝利は彼の人となりや行いによるものではなく、神が彼の内に宿って、彼を通して働き、彼を圧倒的な勝利者としたからである。「良き御霊」の神聖で、超自然的な、活気づける力のおかげだったのである。

 愛する人よ、すべては聖霊を受けることにかかっているという習得可能な学課をわれわれが学んでいれば。すべては神の「良き御霊」を受けることにかかっている。神の御手がわれわれと共にあるなら、それで十分である。友人、家、すべてを失うかもしれないが、主の御手がわれわれと共にあるなら、薄汚い古びた牢獄の中に座すこともできるし、主はその壁をダイヤモンドのように輝かせて下さる。そして、われわれの勝利の歌が廊下中に鳴り響き、ついには御使いたちがその合唱に加わるようになるのである。

 主の御霊がステパノの上にあった時、人々はステパノが語る知恵に抵抗できなかったと、御言葉ははっきり述べている。神が彼に触れるまでステパノはまったく適任ではなかったが、神は彼を遣わしてシナゴーグの人々の高ぶりや知恵に対抗させ、助言者たちの口を封じられた。そのため、人々は彼が語る御霊と知恵に抵抗できなかったのである。

 モーセを見よ。彼の小さくて粗末な揺りかごがナイル河畔の茂みの間にあるのが見える。神の御手以外にその揺りかごを揺らす者は誰もいない。その母親が彼を抱き上げてその小さな揺りかごの中に押し込み、その頬にキスをして波間に押し出すのが見える。そこでモーセは人への依存から完全に決別したのである。その世話をする者は神以外に誰もいなかった。その夜、彼を引き上げてキスする母親は誰もいなかった。しかし、主が下って来てその小さな揺りかごを覆い、モーセと悪との間に全能の御手を置かれたのである。その次の場面では、モーセがパロの宮廷にいるのが見える。モーセは王族として注目を集め、その母親の世話を受けている。また、史上最大の働きのための訓練を受けている。主の「良き御霊」が彼と共におられたからである。愛する人よ、どれほど暗い所でも、どれほど不愉快な状況でも、どれほど厳しい状況でも、主の御霊がわれわれの上にまたわれわれと共におられるなら勝利は確実である。


オリーブ園クリスチャン古典ライブラリー 本館
オリーブ園クリスチャン古典ライブラリー 本館へ

コメント
トラックバック
トラックバックURL
コメントフォーム
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
全記事表示リンク
検索フォーム
個人のブログに関するリンク集
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

電子書籍
Glorious Secret
ジェシー・ペン-ルイス
「栄光の奥義」


The Cross of Christ
アンドリュー・マーレー
「キリストの十字架」


ランキングサイト
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 聖書・聖句へ

人気ブログランキングへ ブログランキング

ブログのまどランキングへ ブログ王へ

ブログランキング【くつろぐ】

QRコード
QR
カウンター

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ