「なぜなら、預言は人の意志から出たことはかつてなく、神の聖なる人々が聖霊に感じ、神によって語ったものだからである。」(二ペテロ一・二十一)


 われわれは神聖な霊感を遥かエデンまで遡ることができる。神はエデンの園でアダムとエバに御旨を現された。そして、洪水前の時代全体を通して、人が神の御旨を知りたい時は、神は常に喜んで御旨を知らせて下さったことが分かる。王たちの時代全体を通して、神は「神の聖なる人々」と称される者たちを持っておられた。その人々は神と交信し、天の御旨を授かって理解した。この「聖なる人々」は預言者と呼ばれ、このペテロの手紙では「神の聖なる人々」――預言者――と呼ばれている。また、彼らは「聖霊に感じて」聖書を書いたのであると述べられている。

 この預言者たちは、一般的に言って、かつて生きていた人々の中で最も高貴な人々であった。全体的に言って、預言者たちは過去の人々の中で最も敬虔で優れた人物であった。わずかな例外を除いて、王たちは邪悪であり、偶像崇拝のうちに生活した。祭司職は王職と同じくらい腐敗していた。しかし、王や祭司や民衆が神から背き去ったこのような背教の時代にも、神は数名の預言者を持っておられたのである。この預言者たちは立ち上がって罪を責め、神の威光と権威を確立するために働いた。一般的に言って、王たちは堕落していただけでなく、王国をも堕落させた。聖書が述べている通り、預言者たちは聖なる人々であった。神に感謝すべきことに、聖なる人が常にいたのである。「聖なる者になることは不可能である」と言う人々もいるが、旧約の時代のあいだ聖なる人々がもし誰もいなかったなら、新約聖書の中に彼らへの言及はなかったであろう。もしイエスが彼らのことを聖なる人々としてご存じでなかったなら、彼らのことをそのような者として述べることはきっとなかったであろう。

 モーセはパロの王座を打ち倒して史上最大の帝国を打倒するために召された。御民を隷属の中から導き出すために召された。しかし、この任務は彼が「神の聖なる人」になるまで与えられなかった。人生で最も重大な時期に入るにあたって、ペンテコステを受けなければならなかった。モーセは人々に、神は彼らの中から「自分のような」ひとりの「人」を起こされる、「あなたたちは彼に聞かなければならない」と告げた。だから、モーセは自分が神の預言者であることを告白しているのである。モーセは来たるべき方の大いなる予表であった。というのは、「その方は私のような者である」と述べているからである。聖なる人々によって何をなせるかの見本として、神はモーセを際立たせておられる。勇気を出して、神はわれわれを聖なる者にしてくれると期待しようではないか。

 偉大で善良なサムエルが召されたのは、その国が最大の窮状にある時だった。彼は油注がれた預言者であり、当時最も輝かしい光であった。当時のマルチン・ルターであった。イスラエルが束縛の中にある時、民衆の間に偶像崇拝が浸透し、説教者たちが神から遠くさ迷い去っていた時、エリヤが神の臨在の幕の後から進み出て、勇敢に群衆に立ち向かい、「万物の神こそ礼拝すべき唯一の御方である」と告げた。彼は何ものも恐れずに前進したが、なすことすべてに成功を収めた。火のバプテスマのゆえに神に感謝せよ。火のバプテスマは人の中から恐れを取り除き、全存在を力、勇気、力で満たす。人に勇気を与えて、教会の数々の団体に向かって神の真理全体を告げさせるのである。


オリーブ園クリスチャン古典ライブラリー 本館
オリーブ園クリスチャン古典ライブラリー 本館へ

コメント
トラックバック
トラックバックURL
コメントフォーム
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
全記事表示リンク
検索フォーム
個人のブログに関するリンク集
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

電子書籍
Glorious Secret
ジェシー・ペン-ルイス
「栄光の奥義」


The Cross of Christ
アンドリュー・マーレー
「キリストの十字架」


ランキングサイト
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 聖書・聖句へ

人気ブログランキングへ ブログランキング

ブログのまどランキングへ ブログ王へ

ブログランキング【くつろぐ】

QRコード
QR
カウンター

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ