「私たちは神と共に働く同労者だからです。」(一コリント八・九)


 これは歴史上最大の協力関係の宣言である。このような協力関係があること、そして、宇宙の神がわれわれ――土くれの虫であるわれわれ――をこの団体の中に入れて下さったことを思う時、われわれの心は感動するだけでなく圧倒されそうになる。ここには何の説明もない。これは人の理解力を全く超えている。この御言葉は短いが、事実である。事実、われわれは大いに喜ぶことができる。

 先日、ロンドンのエクセター会館で、二千名の提携者たちが会して、毎年恒例の晩餐会にあずかった。彼らはイギリスのある出版会社の会員であった。彼らは従業員全員を事業の提携者にする計画を採択した。彼らが毎年恒例の晩餐会に集まった時、それは壮観な眺めだった。彼らは一つの会社を代表していた。この光景は、来たるべき大いなる日を私に鮮明に示してくれた。その日、二千人だけでなく――数はどうあれ――十四万四千という数字で示されている人々が小羊の婚宴に座すのである。その時、この大会社の提携者は一人一人表彰されて、その食卓に座す。それは一大晩餐会であり、大いなる日である。このような高い召しを受けていることを思い出す時、われわれは自分が全く無にすぎないことを思い知らされて、神の恵みがなければ立ち上がって自分の特権を受け入れられそうにないように感じてしまう。この聖なる協力関係においてわれわれは一つであり、同じからだの肢体である。われらの主であるキリストは一つであり、われわれはみな兄弟である。

 いかなる協力関係においても、二つの当事者、二つの側がなければならない。この協力関係では神の側と人の側がある。神がわれわれを御覧になって御自分の協力者に受け入れて下さるとは、何という憐れみか!双方の側に満たすべき条件がある。生じるものがある。

 最初私は神の側を見た。すると、われわれが破産者であるだけでなく反逆者でもあった時に、神はわれわれを受け入れて下さったことがわかった。神はわれわれの負債をすべて担って下さる。われわれに立ちはだかる借金を帳消しにし、天の銀行に信用枠を設けて下さる。まるで一セントも浪費したことがない者のようにして下さる。どんな犯罪歴があったとしても、どんな汚れや染みがあったとしても関係ない。宇宙の神はわれわれを受け入れて、それをすべて拭い去り、われわれに商売上の立場、天の銀行の信用を与えて下さる。そのおかげで、まるでこの会社にずっといたかのように扱ってもらえるのである。今朝、われわれは神を礼拝するべきである。少し考えて見よ。このような状況下にあるわれわれを神は拾い上げて下さるのである!

 私はある高潔な会社の紳士について耳にした。その人には一人の従業員がいたのだが、その従業員はその人から幾ばくかの金を横領していた。しかし最終的にその従業員は真に悔い改め、長い葛藤の末に雇い主の所に行った。自分の罪を告白するためだけでなく、法律による刑罰を受けるためであった。そして大いに身を低くして告白し、「もちろん、このまま雇い続けてもらおうとは思っていません」と言って話を終えた。少し間を置いて返って来た答えはこうだった。「いや、あなたをこのまま雇うことはしないが、私の協力者にしよう。なぜなら、このような供述と、このような告白に至った悔い改めの価値を私は承知しているからである」。このように気高く振る舞う人は多くないが、神は常にこうされるのである。

 われわれが自分の罪を告白する時、神はわれわれを赦して下さるだけでなく、全宇宙で最も偉大な協力関係の中にわれわれを受け入れて下さる。そして、われわれは神の肘の所に座して、神と共に働く同労者になるのである。


オリーブ園クリスチャン古典ライブラリー 本館
オリーブ園クリスチャン古典ライブラリー 本館へ

コメント
トラックバック
トラックバックURL
コメントフォーム
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
全記事表示リンク
検索フォーム
個人のブログに関するリンク集
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

電子書籍
Glorious Secret
ジェシー・ペン-ルイス
「栄光の奥義」


The Cross of Christ
アンドリュー・マーレー
「キリストの十字架」


ランキングサイト
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 聖書・聖句へ

人気ブログランキングへ ブログランキング

ブログのまどランキングへ ブログ王へ

ブログランキング【くつろぐ】

QRコード
QR
カウンター

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ