さらにもう一つの思想が示されている。イエスが昇って行かれたのと同じように、彼の再来も確かなことである。彼は昇って行かれた時と同じように、両手を広げて戻って来られる。そして、聖い群れを御使いたちだけでなく地の諸国民にも告げ知らされる。彼らは知るのである。この民は真に天的な者たちであり、イエスと共に歩み通した忠実な者たちであることを。イエスが再来される時、彼は両手を差し伸べて聖徒たちを祝福し、罪人たちを裁かれる。地の諸国民はその時、誰が忠実な者なのかを知る。そして、もしあなたが全く聖められているなら、あなたは小羊の婚宴に入ることができる。愛する者よ、この告げ知らせとこの擁護を待つ余裕がわれわれにはある。是認されるのを待つ余裕がある。われわれが聖められていることを、人々は今信じる必要はない。人々が「お前は聖められていない」と思う時や、「お前は後退している」と告げる時でも、あなたはこの祝福にあずかることができる。ああ、憐れみ深いキリストの優しい忠実な愛は決して破れるおそれはない!しかし、兄弟よ、この群れと共に生きるには、あなたは全く聖められなければならない。たとえあなたがこの運動にしがみつき、名簿に名前を載せてもらい、ボタンやバッジやリボンで覆ってもらえたとしても、この民は依然としてあなたのことを知らないかもしれない。しかし本物を得るなら、あなたが誰のものなのかを人々に知ってもらうために外面的印を身に付ける必要は全くなくなる。神があなたにこの祝福を与えて下さるなら、たとえ人々がそれを信じることを拒否したとしても、それはただあなたの喜びを増すだけである。あなたには分かっているからである。あなたは大いに喜ぶようになるので、自分はこの祝福を受けていること、自分の名が御手のたなごころに彫り刻まれていることがわかるようになる。そのため、あなたは疑う者たちに答えようとしなくなる。神は私が労苦している時、私を召して下さった。誰も私のことを欲していない時、私が落ち込んでいて立ち上がれない時、私を召して下さった。私が無にすぎないことをご存じだったのに、私を召して下さった。この神が今さら私を放棄することはない。ああ、御名に栄光あれ!

 愛する人よ、あなたの名は彫り刻まれているだろうか?宮廷生活で生じるある種の振る舞いや上品さというものがある。あなたが神に全く明け渡す時に生じる、ある種のこの世からの聖なる独立というものがある。そのため、あなたはこの世と手を切って永遠に神と共にいることを、人々は広く理解するようになるのである。


オリーブ園クリスチャン古典ライブラリー 本館
オリーブ園クリスチャン古典ライブラリー 本館へ

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: No title

プーさま

MK医師に関するご質問を読んで、早速紹介していただいたYoutubeのビデオを見てみました。ですが、MK医師の両脇にいるという二人の御使いや、MK医師を取り囲んでいる泡のバリヤとやらは、残念ながら私には見えませんでした。メッセージの中心的内容は

 1)信徒一人一人が主と直接交わり、
 2)主の御声を聞いて
 3)主の御旨を行うことにより、
 4)やがては日本国全体が主の弟子となる

というものでしたが、1)~3)が実現されればあながち4)も夢では無いと感じました。他方、神社仏閣等を巡って行った所謂「霊の戦い」の話や、「日本の君」を追放したという話は、正直言って荒唐無稽ではないかと感じました。もしこれが本当なら、近々日本に空前絶後のリバイバルが訪れるはずですから、その結果を見てから真偽を判断したいと思います。

また、MK医師を異端視しているAW氏のホームページ等も見てみましたが、そこで述べられている理由(家庭の問題や所属教会の問題等)ではMK医師を異端と断じることはできないと思います。通常、

 ・三位一体
 ・キリストの神性・人性
 ・キリストが肉体をもって復活したこと

等の重要な真理を否定している人や団体のことを異端と言うわけですが、MK医師のメッセージや公式ホームページから判断する限り、そのような重大な誤謬は無いように見えます。(ある人や団体を異端と断じることは、いわば「死刑判決」を下すのに等しいことですから、誰でも納得できる正当な理由を示す必要があります。)

主は「実を見て木を判断せよ」と言われましたが、MK医師のミニストリーはまだ芽を出したばかりの段階で「実」を結ぶ段階には至っていません。ですから、現時点で判断を下すのは時期尚早であると思います。もう少し長い目で行く末を見守る必要があるのではないでしょうか。

オリバー

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
トラックバック
トラックバックURL
コメントフォーム
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
全記事表示リンク
検索フォーム
個人のブログに関するリンク集
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

電子書籍
Glorious Secret
ジェシー・ペン-ルイス
「栄光の奥義」


The Cross of Christ
アンドリュー・マーレー
「キリストの十字架」


ランキングサイト
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 聖書・聖句へ

人気ブログランキングへ ブログランキング

ブログのまどランキングへ ブログ王へ

ブログランキング【くつろぐ】

QRコード
QR
カウンター

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ