この野外集会のような素晴らしい時が終わってしまうのを、かつて私は寂しく残念に感じたものだった。集会が終わってしまうのを、私はどれほど恐れたことか。しかし、今朝私の魂のうちに燃えているこの思想に到達して、この御言葉のキリストを知るようになった時、すべては一変した。このシンシナティ野外集会は決して解散しない。今は大成功と勝利の時である。この野外集会をこのようなものにして下さったまさにその御方が、われわれ一人一人と共に帰宅して、われわれの家、台所、居間、農場、仕事場を野外集会場にすることを約束して下さった。主が戻って来られるまでわれわれと共に旅することを約束して下さった。聖潔は決して古びない。人々が私のところに来て、「これは素晴らしい集会です。このようなものは見たことがありません」と言う。たしかに、この集会は素晴らしい管理下にある。彼の名は「素晴らしい」である。王国の新しい光景を新たに垣間見るたびに、私は「素晴らしい」と言う。しかし、そう言わずにおれようか?これが彼の名である。あなたはご存じだろうか?われわれの生活は感嘆、驚嘆、驚きで満たされるだけでなく、永遠に素晴らしいものであり続けるのである。半時間で天を理解するようになると、少しでも思っていないだろうか?天には進歩がないと思っていないだろうか?「そのまつりごとと平和は、増し加わって限りなく」と、御言葉ははっきりとわれわれに告げている。われわれの分は永遠に刈り取ることだけでなく、収穫が増し加わって限りなくなることである。われわれの収穫は増し加わることをご存じだろうか?翌日には倍になり、すぐに何倍にもなるのである。この増し加わりには限りがない。この野外集会が絶えることは決してない。

 また、彼は「平和の君」である。われわれのキリストは、征服や流血を喜んだ王たちや王子たちとは異なる。彼らが際立っているのは、そのようなことを好んでいたからである。われわれのキリストは正反対である。キリストは平和を愛しておられ、行く先々で平和を宣言される。キリストがあなたの心の中に訪れる時、彼はあなたに平和を与えるだけでなく、「平和の君」となって王座に座し、この平和が守られるように、あなたの魂の中の平和が乱されることがないように見守って下さる。地上と地獄の軍勢が結集したとしても、あなたの胸中に到来したこの平和を乱せないように見守って下さる。彼が荒海に命じたように、たった一言、たった一目で十分である。「平和の君」はわれわれの恐れをすべて静めて下さる。邪魔物はすべて麻痺する。地獄の使者たちがわれわれを攻撃しにやって来ても、彼らは唖然として麻痺し、無為無力になる。われわれが「平和の君」の統治下にあることがわかる。この安息日のような安息、この聖なる静けさ、説明し得ないこの穏やかな静謐さのゆえに、神に栄光あれ。主に感謝すべきことに、何ものもこれをわれわれから奪い取れないのである。

 われわれの主が再来される時、地上の諸国民は彼らの剣を鋤に、彼らの槍を剪定用の鎌に打ち替えて、もはや戦争について学ばなくなる。それは幸いな聖なる平和と静けさの時であり、われわれが聖書から読んで生涯夢見てきた時である。主に介入してもらおう。主はあなたの心配をすべて担い、あなたの疑問にすべて答え、あらゆる願いを満たし、あなたの疲れた魂を休ませて下さる。そして、あなたは歌い、微笑み、笑うが、その理由はほとんどわからない。しかし、神の平安があなたの全存在に満ちあふれる。そして、波が押し寄せるたびに、その波は水路をますます深く掘って、さらに豊かな波に備える。そして、あなたは永遠にこの聖なる平安の中を進み続けるのである。


オリーブ園クリスチャン古典ライブラリー 本館
オリーブ園クリスチャン古典ライブラリー 本館へ

コメント
トラックバック
トラックバックURL
コメントフォーム
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
全記事表示リンク
検索フォーム
個人のブログに関するリンク集
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

電子書籍
Glorious Secret
ジェシー・ペン-ルイス
「栄光の奥義」


The Cross of Christ
アンドリュー・マーレー
「キリストの十字架」


ランキングサイト
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 聖書・聖句へ

人気ブログランキングへ ブログランキング

ブログのまどランキングへ ブログ王へ

ブログランキング【くつろぐ】

QRコード
QR
カウンター

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ