「ひとりのみどりごがわれわれのために生まれた、ひとりの男の子がわれわれに与えられた。まつりごとはその肩にあり、その名は、不思議、助言者、大能の神、永遠の父、平和の君ととなえられる。そのまつりごとと平和は、増し加わって限りなく、ダビデの王座に座して、その王国を治め、今より後、とこしえに公平と正義とをもってこれを確立される。」(イザヤ九・六~七)


 この昔の預言者は霊感の山頂に立って、七百三十八年間にわたる暗闇の谷を見下ろし、メシヤの来臨を見た。彼はメシヤ誕生の状況、その生涯の試練と試み、その死という恐ろしく暗い悲劇を見た。そして、霊感を受けた預言者の言葉をもって、「ひとりのみどりごがわれわれのために生まれた、ひとりの男の子がわれわれに与えられた」と不意に叫ぶ。今朝、この御言葉の意味をすべて考える時、この御言葉はわれわれの心を打ち砕く。

 イエスの誕生の状況はとても独特であった。地上の王の誕生には、王家の立派な華やかさが常に伴う。君主たちは控えの間で待ち、使者たちは玄関に群がって、誕生の知らせを町から町へ伝えようと待ち構えている。このような出来事のために、極めて豪華で盛大な準備が常になされる。しかしここで預言者は、ひとりの君主が田舎村の家畜小屋で生まれるのを見る。その両親は八十マイル歩いて来て、馬小屋に宿をとった。全くのよそ者として、周りを敵に囲まれつつ、王の王、主の主であるイエスは誕生された。何と奇妙な光景だろう!宇宙の創造者、生けるすべての者の神が、牛の間で誕生されたのである。華々しさはなく、誰も歓迎しなかったし、気づきもしなかった。この御方を愛する人はほとんどいなかった。僅か数人の羊飼いと賢者、それに慎ましい人々が飼い葉桶の周りに集まった。他の人のもののように思われる権利を侵害しているように見える点を除けば、数ブロック離れた所でこの出来事に気づく人は誰もいなかったであろう。神に感謝すべきことに、主はこのような状況の下で誕生されたのである。真のキリスト教は家畜小屋や飼い葉桶を超えて行くことは決してないことを、われわれは思い出した方がいいだろう。文明と教養の今の時代でさえ、そうである。

 この世から認められることを期待して要求することや、人々の好意を期待することは、何とも奇妙なことに思われる。われわれの主はこのような状況の下で誕生し、同時代の人々の好意ではなく不評を被りつつ生活し、御自分を受け入れ、敬ってしかるべき人々によって死刑に処せられた。ささやかな迫害が自分に降りかかると苦痛に感じる人々がいるが、私には全く理解できない。聖潔の説教者たちが教会で極めて不利な立場に置かれており、クビにされて森にやられることもある事実を重大視する聖潔派の新聞もあるが、その意図を知って私は途方にくれる。これ以上のどんな待遇が期待できるというのか?僕はその主人よりも優っているのだろうか?われわれの主は御自分の者たちの所に来られたのに拒絶された。そうである以上、安楽な地位、快適さ、贅沢、この世の好意をどうして期待できよう?主が世の光として来臨された時、人々は立ち上がってこの光を消してしまったというのに。主が人々を祝福するために来臨された時、主は呪われた者のような扱いを受けて、二人の強盗の間で磔にされたというのに。どうか神がわれわれを助けて下さり、われわれが自分のいるべき立場から遠く離れないようにして下さり、自分が属している民を覚えていられるようにして下さいますように。われわれはこの世の者ではないし、この世はわれわれを愛せない。われわれがこの蔑まれているナザレ人と緊密に一体化されている限り、この世や世的教会の愛や好意を期待するのは馬鹿げたことである。私は人々の称賛を恐れる。この世の好意のように思われるものは何でも、私はそれを拒絶して反対する。われわれの主はそのようなものをお受けにならなかった。われわれも自分の歩みを整えて、それから逃れるようにしなければならない。この世の中を通る時、この世が親しげにわれわれの肩を叩くのを許してはならない。この御言葉が示すキリストに敵対心を抱いていることがわかっている人々から、親しげに肩を叩かれたり、親しげな言葉をかけられたりすることに、私はほとんど耐えられない。


オリーブ園クリスチャン古典ライブラリー 本館
オリーブ園クリスチャン古典ライブラリー 本館へ

コメント
トラックバック
トラックバックURL
コメントフォーム
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
全記事表示リンク
検索フォーム
個人のブログに関するリンク集
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

電子書籍
Glorious Secret
ジェシー・ペン-ルイス
「栄光の奥義」


The Cross of Christ
アンドリュー・マーレー
「キリストの十字架」


ランキングサイト
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 聖書・聖句へ

人気ブログランキングへ ブログランキング

ブログのまどランキングへ ブログ王へ

ブログランキング【くつろぐ】

QRコード
QR
カウンター

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ