このコロサイ人への手紙に来るにあたり、基礎を据えるために、この比類ない一章からいくつかの節を読むことにします。

「そういうわけで私たちもまた、それについて耳にして以来、あなたたちのために絶えず祈り求めています。どうかあなたたちがあらゆる霊的知恵と理解力をもって彼の御旨を知る知識に満たされ、主にふさわしく歩んであらゆることで主を喜ばせ、あらゆる良いわざで実を結び、神を知る知識が増し加わりますように。また、あなたたちが神の栄光の大能にしたがってあらゆる力をもって強められ、何事も喜んで耐えかつ忍んで、御父に感謝するようになりますように。御父は私たちを光の中にある聖徒たちの嗣業にあずかるに足る者とならせ、私たちを暗闇の力から解放して、愛する御子の王国の中に移して下さいました。この御方にあって、私たちは贖い、罪の赦しを受けています。御子は見えない神のかたちであり、全被造物の長子です。なぜなら、天にあるものも地にあるものも、見えるものも見えないものも、位も主権も、支配も権威も、万物は御子にあって創造されたからです。万物は御子を通して創造され、御子へと至ります。御子は万物よりも先にあり、御子にあって万物は成り立っています。そして、御子はそのからだである教会のかしらです。御子は初めであり、死者の中から最初に生まれた方です。それは、すべてのことにおいて御子が第一の者となるためです。なぜなら御父は、御子の内に全豊満を宿らせ、その十字架の血を通して平和を造り、万物をご自分と和解させることを喜びとされたからです。御子を通して、言わば地にあるものも天にあるものもご自分と和解させて下さったのです」(コロサイ一・九~二十)。


 さて、この御言葉は福音について語る上で良い基礎です――これが福音であることにどうか気をつけて下さい。これはみなパウロが「良い知らせ」と称しているものです。これがパウロが宣べ伝えたものです――「私が宣べ伝えている福音」。この手紙では、この「福音」という言葉は他の手紙ほどたくさん出てくるわけではありませんが、一つ特別な点があります。その点は一章五節にあります、「……これはあなたたちのために天に蓄えられている望みのためであり、その望みについては、あなたたちは前に福音の真理の言葉の中で聞いています」、それから二十一節「ただし、あなたたちは、ゆらぐことなく、しっかりと信仰の中にとどまり続けて、すでに聞いている福音の望みから移り行くことがないようにしなければなりません。この福音は」――ここで動詞形の同じ言葉が使われています――「天の下にあるあらゆる被造物に対して宣べ伝えられています」――言い換えると、「天の下にあるあらゆる被造物に対して『福音されて(gospelled)』『良い知らせされて(good newsed)』います」。

緊急事態における良いおとずれ

 さて、良い知らせや良いおとずれはみな、それが際立ったものとなるには、それが安心、保証、慰め、感謝をもたらすような状況が存在していなければなりません。もしどうでもいいことなら、それは良い知らせではありません。たとえば、あなたの生活や心情と密接につながっている誰かが非常に深刻で致命的な病に伏せっているとしましょう。あなたは医者の助けを求めます。あなたの上には不安という大変な重荷がのしかかっています。その病がどうなるのか、あなたにとって大問題です。永遠のように思われる時間の間、あなたは医者が来て説明してくれるのを待ちます。医者がやって来て、「大丈夫です、心配する必要はありません。すぐに良くなって、元通りになります」と言ってくれるなら、それこそまさに良い知らせです。これは瀬戸際の問題です。なぜなら、あなたの心はこの問題に集中しているからです。かりに懸案中の重大な決定事項があって、それが何らかの形であなたの将来、経歴、人生に影響を及ぼすものだとしましょう。委員会が審議中の間、あなたは一体どうなるのか心中大いにはらはらしながら外で待っています。誰かが出て来て、「大丈夫です、あなたは仕事を得ました。内定です」と言うなら、それは良い知らせです。それによってあなたは大いに安堵します。激戦中の、当事者全員にとって重大な問題があったとしましょう。その激戦場から誰かが出て来て、「大丈夫です、問題ありません、私たちは突破しました!」と言うなら――何と安堵することでしょう。これが良いおとずれです。それは私たちに触れます。それは私たちにとって意味のあることです。良い知らせが真に意味を持つためには、緊急事態的性質を帯びた状況が存在していなければならないのです。


オリーブ園クリスチャン古典ライブラリー 本館
オリーブ園クリスチャン古典ライブラリー 本館へ

コメント
トラックバック
トラックバックURL
コメントフォーム
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
全記事表示リンク
検索フォーム
個人のブログに関するリンク集
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

電子書籍
Glorious Secret
ジェシー・ペン-ルイス
「栄光の奥義」


The Cross of Christ
アンドリュー・マーレー
「キリストの十字架」


ランキングサイト
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 聖書・聖句へ

人気ブログランキングへ ブログランキング

ブログのまどランキングへ ブログ王へ

ブログランキング【くつろぐ】

QRコード
QR
カウンター

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ