ピリピのクリスチャンたちにおける勝利

 また、この勝利はキリストやパウロの中だけでなく、ピリピ人たちの中にもありました。この手紙はこのピリピ人たちの間における神の恵みの勝利の手紙です。第一に、この勝利を彼らの反応の中に見ることができます。当時のピリピの事情について本当に知る必要があります。パウロに起きた出来事からわかるのはほんの少しだけです。女奴隷のひどい制度を持つ異教の寺院についてはご存じでしょう。しかも、それはまったくこの恐るべきものと結びついています。パウロと仲間たちがピリピの道を通っていると、若い女奴隷たちの一人がどこまでもついてきて、彼らの後で叫び声を上げました。記述によると、その女はピトンの霊、預言する悪鬼に憑かれており、正真正銘サタンに取り憑かれていました。

 ピリピはこのような町でした。しかし、このような町にいる信者たちにパウロはこのような手紙を書き送ることができたのです。これは勝利ではないでしょうか?もしピリピに教会ができるならそれは大したものだと私は思いますが、このような教会はそれ以上のものです。この教会の素晴らしさは福音に対するピリピ人たちの反応――彼らは福音のために大きな代価を払いました――だけではありません。この手紙をもう一度見て、彼らが互いに抱いていた相互の愛を見て下さい。これはまさにイエス・キリストの冠を飾る一つの宝石です。この手紙はパウロの偉大なるラブレターと呼ばれてきました。すべてが愛で満ち溢れています。それは彼らが互いに抱いている愛のためでした。このような種類の愛は天然のものではありません。これは人の心のうちに働く神の恵みの働きです。これは偉大な勝利を物語っています。もし何かさらに付け加えることがあるとするなら、私たちは次のことを思い出せるでしょう。パウロが必要を抱えていた時、この人々がパウロの必要を思いやって、彼を援助・支援するために物を送ったのです。ピリピ人たちはこの人のことを気遣っていました。この人に福音という大きな借りがあったからです。

 さて、こうしたものがすべてこの偉大な勝利を構成しています。これは勝利の手紙ではないでしょうか?この要点の証明はできたと思います。繰り返しますが、これこそ福音です!しかしパウロは言います、ピリピのこの人たち、この信者たちは模範である、と――彼らは一つの例なのです。ですから、この復習の最後になすべきことはこう問うことです、「では、この手紙に関する限り、福音とは何なのでしょう?この手紙が示している良い知らせ、良いおとずれとは何でしょう?どうすればこのようなものを再現して、再び生み出せるのでしょう?」。


オリーブ園クリスチャン古典ライブラリー 本館
オリーブ園クリスチャン古典ライブラリー 本館へ

コメント
トラックバック
トラックバックURL
コメントフォーム
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
全記事表示リンク
検索フォーム
個人のブログに関するリンク集
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

電子書籍
Glorious Secret
ジェシー・ペン-ルイス
「栄光の奥義」


The Cross of Christ
アンドリュー・マーレー
「キリストの十字架」


ランキングサイト
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 聖書・聖句へ

人気ブログランキングへ ブログランキング

ブログのまどランキングへ ブログ王へ

ブログランキング【くつろぐ】

QRコード
QR
カウンター

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ