汝等の信仰を試みらるるはくつる金の火に試みらるるよりも貴くして汝等イエスキリストの顕れ給わん時に称讃ほまれ高貴とうとき栄光さかえを得るに至らん(一ペテロ一・七)。


 私のこのたびの病気は最大の苦痛であり、最高の試みであったと思う。それと同時に又最大の恩寵であり、最高の教育であった。始めから終わりまですべてが不思議であり奇跡であって、一つとして恩寵ならざるものなく又教訓ならざるはなし。要するに神の召しを受け神を愛する者のためことごとく益をすを我等は知れり、この聖言みことばの通りである。

 私の病気の由来を顧みれば大正十四年春頃より肉食を好まぬようになり、ほとんど野菜のみを食し居たが別にそれが病のためとも感ぜずして過ごし、その年の十一月島原しまばらに於いて初めて黄疸おうだんの兆候顕れ、それが落合おちあい新年聖会の頃、ますます増進し眼も皮膚も黄色おうしょくとなり、食欲も減り、全身に倦怠を覚えたが別に働きの上には差し支えを感ぜず、同聖会あかしの時、佐伯さえき先生は深刻なる警戒を与えられしにもかかわらず、続いて信州聖会に臨み、寒気かんきの厳しきためいよいよ病勢つのり、会終わりて二十六日帰途高田たかだ馬場ばば駅の階段を降りる時、突然腰に疼痛とうつうを覚え歩行困難となったが、更に信仰に立ちて、予定せる京都聖会を二月七日より五日間った。その時は余程よほど衰弱し、筋肉の疼痛とうつうはなはだしくほとんど歩行困難となり、用便に通うことも出来がたくなったが、集会の御用に立つ時は特別なる聖霊の助けによって、少しの差し支えなくかえって意外とするまで力に満たされ、御用終わってしつに帰れば烈しき疼痛とうつうに苦しみ、五日を過ごしたるのち最早もはや起き伏しも自由ならず、食欲更に減退し、肉食物にくしょくぶつは受け付けず、たまたま食すれば便通なく、腹張り嘔吐の気味あり、その疼痛とうつう全身に及び名状すべからざる激痛にて最早もはや信仰により超自然の力によるほか全くみちなきに至った。

 その激痛の襲撃する時は手足を引きつけ、全身ね上がり、人為じんい人策じんさく全く尽き果てて普通の行き方なればこれで病の下敷きとなり、倒れて仕舞うほかないのであるが、その時初めて信仰の奥義示され、最早もはやいたずらに生きんことを求めず、死にし者を甦らす神を頼み、甦りの信仰に立つべきことを示され、この時アブラハムの信仰を思い起こし、不義なる者を義とし死にし者を甦らせ無より有を生ぜしむる神を頼み、信仰によって死ぬべくば死ぬべしと覚悟し、平安の神汝等の足の下に於いてサタンを速やかに砕くべしとのことばと共に病気に向かってこの畜生奴ちくしょうめと掛け声して立ち上がれない中を立ち上がった。その瞬間に長らくの激痛は全く跡形もなく癒されて仕舞って今日に至るまで一度も再発の兆候だになくなった。

 これで神経痛は全く癒されたがおもなる病気は依然として動かず、その頃佐伯さえき先生の来訪を受け、一応診察せられた結果ただ黄疸おうだん、神経痛のみならず、恐るべき病原あるを発見せられたがその時は公言せられず、ただ余程よほど重体なればすべてに注意を要するとのみ語られた。これがため同氏の室町むろまち中長者なかちょうじゃ町の別所を病室に当てられ、何一つ不自由なくねんごろに設備せられ、又食物万端ばんたんについては先生御夫婦特に注意せられ誠に手あつ取り扱いをこうむった。れど病勢は日々につのり、身体の自由を失い、床の上に寝返りすることさえむつかしくなった。

 その時令息れいそく義雄よしお氏またねんごろに診察せられた。ところがいよいよ容易ならざる病症にして今日まで激烈なる働きに従事し保たれたことがすでに奇跡にしてかる病気にかかって今日まで倒れざることは医学上世界にまれに見るところ、医学者の方では合点の行かぬことにしてただ神の奇跡によると言うのほかなし。この上は静養してなるべく長く保たれるようつとむるのほか、他に治療のみちなしと申された。

 そして義雄よしお氏自ら食物の研究をせられ、或いは消化をよくし、或いは便通を助け、或いは嘔吐を防ぐに適当なる食物を調べるなど同氏御夫婦の尽力せられたことは私の一大慰めで大いなる助けとなり、私の終生忘るること能わざる深き印象を与えられた。その他伝道館及び産院の諸兄姉けいしいとねんごろに愛の労を取られたことは感謝にえぬ所である。その間に佐伯さえき先生は京都は寒きため適当なる静養の場所を選ばんため東上とうじょうせられ、遂に熱海あたみはら六郎ろくろう氏の別荘を借り受けられ、ここに於いてしばらく静養するよう備えられ、同月二十一日夜行にて京都を出発した。その時常になく佐伯さえき氏の御一族、多数の信者達見送られた。この時私の心にひそかに感じたることはこれが京都最後の別れの意味にはあらざるかと感じた。あとにて聞けばく多数の見送りを受けたることはその意味であったとのことである。一先ひとまず東京に帰り、続いて熱海あたみに移り、静養しつ主の旨を待ち望むこととなった。


オリーブ園クリスチャン古典ライブラリー 本館
オリーブ園クリスチャン古典ライブラリー 本館へ

コメント
トラックバック
トラックバックURL
コメントフォーム
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
全記事表示リンク
検索フォーム
個人のブログに関するリンク集
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

電子書籍
Glorious Secret
ジェシー・ペン-ルイス
「栄光の奥義」


The Cross of Christ
アンドリュー・マーレー
「キリストの十字架」


ランキングサイト
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 聖書・聖句へ

人気ブログランキングへ ブログランキング

ブログのまどランキングへ ブログ王へ

ブログランキング【くつろぐ】

QRコード
QR
カウンター

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ