なんじ真理のために挙げしめんとて汝をおそるる者に一つの旗をあたえたまえり(詩篇六十・四)。


第四 基督伝道隊の働き

 基督伝道隊の働きを三種に分かつ、即ち伝道、働き人の養成及び病の癒しである。これまた適当なる名称を要するを以て

一、基督伝道館

 各地に伝道をなすには伝道の場所を要す、これを基督伝道館ととなうることにした。従来キリスト教の生命せいめいを失った原因はただ教理に走り、知的に流れ、形式儀式を重んじ、ただ思想のみの宣伝に過ぎざるため、今日の悲境ひきょうに陥ったのである。ここに於いて本隊の使命はかるキリスト教の精神を失いたる所謂いわゆる教えにあらずしてキリスト教の生命せいめいたる活けるキリストを体験し、身を以て活けるキリストを伝うるを以て使命とするが故に基督伝道館と命名した。

二、活水学院

 昔より今日に至るまで神の求め給うものは聖書にしるされたる如くその腹より活ける水川々の如く流れづる器である。世の人の求むる所もまたかる器である。しかるにかる器を養成する学校なきは神の憂いにして人の不幸である。今日まで人間によって設立せられたるキリスト教を教うる学校はあるが真にキリストの死と甦りに導き聖霊のバプテスマを受けたる証人あかしびとの起こらざるは最も遺憾とする所である。ここに本活水かっすい学院は祈祷を以て神に近づき、神より直接の御行みわざを受け、自ら全く空しくなり、ただむくろとして肢体を献げ、活ける水の源なる御自身をして自由自在に活ける水を注ぎ出さしめたてまつる器を養成するを以て之を活水かっすい学院と命名した(黙示録二十二・六)。

三、神癒館

 そもそも神癒は純福音に当然伴う所の神の御行みわざにして、また福音宣伝に要する唯一の方法である。キリスト御在世中この奇跡を行い給いて型を残し、初代教会に於いても弟子達はこの奇跡と不思議によって多くの人々は神を知り、福音を信ずるに至った。純福音を標榜し、癒し主なる活けるキリストを宣伝する本隊として、これら病人を集め、神癒を施す場所なかるべからず。之を神癒館と命名した。

五、隊旗の授与

 ここに諸般の準備なり。大正十二年一月、基督伝道隊の創立を見るに至った。然るに神の軍隊として立つに神より授けられたる軍旗なかるべからず。私は或る時山中にてその旗印を求めて祈りつついた時、エホバニシ(出エジプト十七・十五)エホバ御自身が我が旗印なることを示され畏れおののきて主を崇め居る時に異象まぼろしの如く又実際の如く天空より一つの長き旗の舞い下るを見た。慎み畏れつつ眺め之を凝視し居た所が次第次第にその旗舞い下りて之を見つめ居たる自分の上に落ち来たった。之を手に受けた時その旗の流れに多くの人々従えるを見た。その時天より声ありて『なんじ真理まことのために挙げしめんとて汝をおそるるものに一つの旗を与え給えり』(詩六十・四)との御言みことばを受け、その時詩篇二十の五をも与えられた。この旗をおし立てて進む光景を異象まぼろしうちに見たが何人なんびともこの旗になびかぬ者なき有様であった。その時これぞ基督伝道隊の隊旗にして天より授けられたることを確信した。その時讃美歌二百七十七番を思わず歌うて主を讃美した。

六、基督伝道隊本部建物及び法規上の手続き

 第一会堂(落合伝道館)及び男子ホーム(ノア館)の建築、つづいて女子ホーム(サムエル館)の建築、活水学院講堂(シオン館)の増築、牧師館(ヘルモン館)の増築、仮神癒館(ヘブシバ館)の設備など差し向き必要なる建物の設備を終わった。

 右の建物に要したる金額及び基督伝道隊創立手続き、之に必要なる政府の所定基本財産十数万円の金額、これらは皆人為じんいによらず、恩恵めぐみに感じたる聖徒の隠れたる献金によってことごとく必要たされたるは聖書の裏書きにして又奇跡と言うほかはない。

七、献身者の収容

 この修養生選択の方法は神の召しを受けたる確かな証ある者を選びたるものにして、この世の智者学者或いは財産名誉地位ある者に限らず、如何なるいやしき者、軽視かろしめらるるものといえども神の召しをこうむれる者を以て入学資格の第一要件とした。

 先ず第一期生として何ほど収容すべきかにつき祈りたるに三十名を以て第一期生とすべきことを示された。未だ創立早々の伝道隊として三十名を収容するは余り多きにぐるとの注意もあったが、一度ひとたび働きを始めた所が、各地より多くの要求あって僅か一年を経ずして第二期生を収容するの必要を生じた。その時もまた何ほど収容すべきか、神の示しを求めたるに六十名収容すべきことを示された。これまた二年をでずして第三期生を収容するに至った。

八、伝道館の設立

 大正十一年十二月三十一日落合おちあい伝道館の献堂式を挙げ、ここに集会を開くや、神の栄光顕れ、救わるる者、癒さるる者日々に起こり、その光景実に日本未曾有みぞうのリバイバルの光景なりと言い伝えられた。各地方よりこの集会にづる者ことごとく恵まれ、聖霊に満たされて帰り、各地の病院又は名医の治療を受けてなお治療の見込みなき病者は日々に集まり来たりて癒され、一度ひとたび国に帰りその地方に於いて集会を開けば直ちに多くの救わるる者、癒さるる者起こり、人為じんいによらず、神の栄光の伴う結果として伝道館の設立を要求せられ、遂に大正十二年四月大阪粉浜こはま伝道館を設立し、同年七月東京市外大井おおい伝道館の設立を見るに至り、更に大正十三年二月飯田いいだ伝道館設立せられ、同年五月大阪北伝道館の設立を見、同年七月京都伝道館設立せられ、いよいよ各地ともリバイバルの光景を呈し、ますます要求多く同年八月信州北大井きたおおい、同年十月龍岡たつおか伝道館、同年十二月大阪泉尾いずお伝道館、伊勢原いせはら伝道館、さかい伝道館等の設立となり、越えて大正十四年二月千代ちよ伝道館、同年四月松代まつしろ伝道館、五月には島原しまばら伝道館、同年六月尼崎あまがさき伝道館、同年九月鳥取伝道館、同年十一月姫路伝道館相次いで起こり、各地より数多あまたの要求あれど応じ能わざるに至った。


オリーブ園クリスチャン古典ライブラリー 本館
オリーブ園クリスチャン古典ライブラリー 本館へ

コメント
トラックバック
トラックバックURL
コメントフォーム
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
全記事表示リンク
検索フォーム
個人のブログに関するリンク集
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

電子書籍
Glorious Secret
ジェシー・ペン-ルイス
「栄光の奥義」


The Cross of Christ
アンドリュー・マーレー
「キリストの十字架」


ランキングサイト
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 聖書・聖句へ

人気ブログランキングへ ブログランキング

ブログのまどランキングへ ブログ王へ

ブログランキング【くつろぐ】

QRコード
QR
カウンター

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ