すべつかれたる者また重きを負える者は我に来たれ我汝等なんじらやすません(マタイ十一・二十八)


 私の救われた時は大正二年九月二十一日午後十時であった。妹を尋ね求めつつ新開地しんかいちに通りかかりてマタイ伝十一章二十八節のことばを記した横看板を発見した。その時私の心を引いたのは我に来たれとのことばであった。注意して見るとキリスト教の伝道である。私の感じたのは釈迦も孔子も道は説いたが我に来たれとは言わなかった。さすがはキリストである、大胆なことを言うものだな、一つ聴いて見ようと天幕なる会場に入り、忘れもせぬが前から六脚目のベンチに腰を掛けた。私は前章に述べた如くこの世のあらゆる苦痛を味わい、宗教的に安心立命あんしんりつめいを求めかなりの素養があるから、もしも説教者が自分の知っている真宗よりも劣ったことでも言ったら議論の一つもしてやろうと傲然と構えて聴いていた。

 その時の説教者は西洋人(ウィルクス氏)で流暢な日本語で神の存在と罪の性質と十字架の救いの三綱領を語られた。第一私の心に響いたことは神の存在の例話に聖書を出しこの本を造った人なしと否定しうる者があるか、この本の存在は即ちその造った人があることを証明しているのではないか、故に造られたる万物が存在する限り造り主の在ることをしょうしているのである、即ちこれが天の父なる神にして人類を愛し、これを保護し、之を養い給う御方なりと語られたる時、私はその真理を否定すること能わず、心魂しんこんに徹し神の存在を認めるに至った。

 第二の問題について人には原罪と犯罪の二種あり、人は元来がんらい万物の霊長として神のかたちにかたどって造られ、魂と肉体とより成り一面には物質界に住むと共に他方には霊界に住み、神と自由に交わり、神を知り、神を崇め、神に従うものである。しかるに始祖アダム、エバが罪を犯すや、人類ことごとく罪の性質を持って生まれ、その罪の性質が外界の誘惑によりて犯罪を構成し、その思いと言葉と行為おこないに於いて神に対し人に対し自分に対して罪を犯しつつある。何故なにゆえに今日の如く悩み、苦しんでいるかと言えばこの罪のためであると語られ、その時一つの例話を引かれた。汽車が神戸を発し、東京に安着するには線路を走るからである。即ち人類にも正義人道の道がある。これを歩む者は目的地に達することが出来るがもし神に対する敬虔の態度が狂っている時は脱線した汽車に大珍事が起こる如く罪を免れる者でない。皆さんは胸に手を置き過去二十年、三十年あるいは五十年の生涯を静かに顧みよ、この神に従いおらばその内に安定があるが、もし従いおらずば波瀾はらん曲折きょくせつ浮沈ふちん盛衰せいすい定まりなく、悲しみ憂い、煩悶苦痛失望の生涯である。あなたはどの道を歩みおるやと語をいで語らるる時、私は過去四十年の生涯を顧みてなるほどと始めて手を打ちてその真理を認めた。自分は何故なにゆえにかくも不幸不運であるか、何故なにゆえかくも苦労せねばならんのであるか、何故なにゆえ煩悶が絶えぬのであるかと思っていたが、これは当然の事である。過去四十年の生涯は全く罪の生涯であるからその結果をり取るは当然なりと認むるに至った。

 第三の問題についてこの罪を赦すためには如何いかなる救いを要するか。罪人を救うには罪なき者が顕れて罪人の身代わりとなり、贖いをなすよりほかなし。ここに於いて天の父なる神はおんひとイエス・キリストを地上に遣わし、罪を知らざる彼を罪となし、十字架の上にくぎづけ、正義の神は怒りのやいばを彼の上にくだし、遂にこの贖いを成就し給うた。これは歴史的の事実である。それゆえ如何いかなる罪人もこの十字架を仰ぎイエス・キリストを贖い主と信ずる者はどころにすべての罪を赦され、神とやわらぎ、再び神の子となして受け入れらるのであると説き、更に説教者は今晩救われたいと願う者は前に出でよとすすめらる。

 私は説教中すでに信ずる決心になり、説教の終わるのを待っていたくらいであったから直ちに前に進み出た。後で知ったのであるがその時説教者は使徒三ノ十九節のことばを読み第一罪を悔ゆること第二は悔い改めること第三は罪を消さるること即ち主イエス・キリストを信ずることによりて消さるるなり、悔い改めとは神に対する態度の変化で神に背を向けていた者が方向をなおすことであると話された。その時私は断然だんぜん神に従うと決心し神に祈った。祈りというても始めてのことであるから何も分からぬ、人に物でも頼むように言うたのである。最後に説教者の祈られた時かんきわまりて聴衆の前に大声をあげて泣いた。そして『子よ心安かれ汝の罪赦されたり』との御声により私の罪は直ちに取り去られ、救いの喜びは心に満ち溢れた。更に第二の御声は『彼を受けその名を信ぜし者にはちからを賜いてこれを神の子となせり』と告げられた。全く罪の赦しと神の子にったとの確信にち、感涙かんるいむせびつつ立ち上がった。その時私の心に響いた確信は四十年間全く罪のため親も兄弟も財産も名誉も地位も身体しんたいことごとく犠牲にして悪魔のために尽くし果たしたのであるから此度こんどは神のために正義のために一切を犠牲にしようと決心した。その時聖書的のことは何も知らぬ献身の何たるかも知らなかったが紀元前と紀元後というふうに全く一大転機の時であった。

 喜び勇んで宿屋に帰ったがあまりの嬉しさで寝ることも出来ない。布団の上に座し更に過去の生涯と現在の救いについて考えつつ過ごした。それから毎晩教会に行き宿に帰りては食事もせず眠りもせず、思い出すまま過去の罪の悔い改めの処置を始め、数日にわたりて百の手紙を出した。いと思っていたことも神の光に照らされて見ればことごとく罪であったことを悟り、あらゆる方面に悔い改めた。

 身には多少の絹布けんぷまとい、頭は当世風に分けて一見紳士ぜんとしていたが、いよいよ罪人の首領かしらであることがわかったからかる風をしていることがぶんぎた偽善者の行為こういであると思い、翌日直ちに髭を剃り頭を丸刈りにし、法被はっぴ古物ふるものを買い求め、之をて教会に通うた。一見救われた罪人らしく改めてしまったのである。

オリーブ園クリスチャン古典ライブラリー 本館
オリーブ園クリスチャン古典ライブラリー 本館へ

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: タイトルなし

プー様

当ブログを訪問して下さり、ありがとう御座います。また、真摯な質問を寄せて下さって感謝します。

> 柘植師のようになるには完全に握っているものを全て手放す必要があるのでしょうか。命がけの信仰が求められるのでしょうか。お互いに罪の告白とかしあったほうがよいのでしょうか。

柘植兄弟のような大いに主に用いられた人の伝記を読むと、誰しもこのような疑問が心に湧くと思います。私の見る所では、主はその人の容量に応じて、その人を聖霊で満たされるように思われます。つまり、全てを手放して空き容量の多い人には主は多く聖霊を与えることができますが、何かを握っていて空き容量の少ない人には主は聖霊を少ししか与えることができない、ということだと思います。

また、信仰が深くなるほど器の容量が大きくなるのも確かです。ですから、柘植兄弟のような命がけの信仰の持ち主が大いに聖霊に満たされたのも頷けます。

互いに罪を告白し合うことについては、聖書(ヤコブ書)が勧めていることですので、実行すれば必ず祝福があると私は信じています。

> 大して物がなく若くもない私ですがかなり困難に思います。

正直言って、私も同感です。ただ、人には出来ないことも神には出来ます。私たちには無理でも、主にはできます。私たちを救って下さった主は、必ず私たちを聖化して、最終的には栄化して完成して下さいます。私たちのなすべきことは自分の無力さを見て嘆いたり失望したりすることではなく、信仰の創始者であり完成者である主イエスを見上げることではないでしょうか。

> 今の日本に柘植師のようなあるいはバックストン師のような方がいたら是非お会いして教えを受けたいです。

全く同感です。ただ、そのような人がいたとしても、その人が世間の脚光を浴びて称賛されているとは限りません。過去の歴史を見ると、むしろその逆のケースがほとんどです。例えば、柘植兄弟の場合、キリスト教界から大きな批判を浴びて、つまはじきにされる目にあっています。ですから、本当にそのような人に会うには、その人と共に甘んじて誤解・非難・迫害を受ける立場に立つことが必要になります。真理という貴い真珠を得るには、それなりの代価が必要、ということではないでしょうか。

> 管理人様の聖霊のバプテスマを受けていらっしゃいますか。聖霊のバプテスマについてどういう思いをお持ちですか。 差し支えなければ教えていだだけますか?

使徒行伝を見ると、主を信じてすぐに聖霊のバプテスマを受ける事例をよく見かけます(サマリヤの信者の場合や、コルネリオの場合など)。ですから、聖霊のバプテスマはクリスチャンにとってごく初歩的な経験と言えます。ただ私の場合、聖霊のバプテスマを受けたのは、信者になって数年たってからのことでした。

聖霊の満たしについては、大きな誤解がキリスト教界に広まっていると思います。第一の誤解は、聖霊のバプテスマは何か特別なことであって、クリスチャン経験のゴールである、というものです。この誤解のせいで、多くの人は聖霊のバプテスマという初歩的経験で成長が止まってしまっています。第二の誤解は、聖霊の内なる満たしと、外なる満たしの区別が見失われていることです。使徒たちを例に挙げると、使徒たちはまずキリストが復活された日の晩に、「息(命)」としての聖霊を受けました。これによって使徒たちは再生されて神の子供になりました。次に、ペンテコステの日に「力」としての聖霊を受けました。これによって使徒たちは奉仕のための力を受けました。この事例から、使徒たちが聖霊を受けたのには二つの段階があったことがわかります。第一段階は聖霊の内なる満たし、第二段階は聖霊の外なる満たしと呼ばれています。クリスチャン生活はこの二つの段階をもって始まり、この後にキリストに似た者に造り変えられる段階が続き、最終的に栄化されて完成されます。

今後、聖霊の満たしに関する古典的書物を当園で紹介していくつもりですので、長い目で当園の活動を見守っていただけると助かります。

プーさんの上に主の豊かな祝福がありますように。

オリーブ園クリスチャン古典ライブラリー管理人
オリバー

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: タイトルなし

プー様

貴重な証しを投稿して下さり、ありがとうございます。プーさんの真摯な信仰の姿勢を読んで、とても励まされました。このような貴重な証しが非公開なのは勿体ないと思う一方で、プーさんの奥ゆかしい人柄にとても好感を持ちました。

信頼できるクリスチャンの友は生涯の宝であり、主からの大きな賜物だと思います。私は大学生時代に主を求め始めたのですが、通っていた大学のサークルに超教派のクリスチャン団体があり、そこで多くのクリスチャンたちから大きな助けを受けました。ルーテル派、改革派、聖潔派、ペンテコステ派、兄弟団、カトリック等、様々な宗派や教派のクリスチャンたちがいましたが、一緒に集まって共に聖書を読んで祈る時、そこに聖霊による不思議な調和が生じるのを経験しました。また、それぞれの団体の長所に対して目が開かれ、吸収できたことは私にとって大きな祝福でした。この経験から、たとえ多くの教派や教団があっても、クリスチャンは主にあって真に一つであることを実感しました。当園では宗派や教派にとらわれずに古典的な良書を紹介していますが、この働きはその時感じたキリストのからだの宇宙的広がりに対する意識から発しています。

日本の隣の中国では、福音的クリスチャンは政府から迫害を受けているため、地下に潜って集会をしているそうです。不思議なことに、集会の時や場所は分からなくても、聖霊に導かれて自然に人が集まるのだそうです。奇跡的御業も頻繁に起きている、という報告もしばしば耳にします。これが本当なら、地下教会のクリスチャンの数が爆発的に増えていて、現在数千万人いるというのも頷けます。日本でもこのような聖霊による自然発生的な交わりが各地に生じてほしい、と心から願います。

聖霊の満たしに関するM.A.バーネットの本は私も読みました。実は私が聖霊のバプテスマを受けた前後の期間にこの本を読んで、大きな助けを受けました。当園では今後、聖霊の満たしに関する古典的書物を少しずつ紹介して行く予定です。特に、十字架と聖霊の不可分な関係について明らかにして行きたいと願っています。ですから、今後も長い目で当園の活動を見守っていただけると助かります。

プーさんの上に主の豊かな祝福がありますように。

オリーブ園クリスチャン古典ライブラリー管理人
オリバー

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
トラックバック
トラックバックURL
コメントフォーム
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
全記事表示リンク
検索フォーム
個人のブログに関するリンク集
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

電子書籍
Glorious Secret
ジェシー・ペン-ルイス
「栄光の奥義」


The Cross of Christ
アンドリュー・マーレー
「キリストの十字架」


ランキングサイト
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 聖書・聖句へ

人気ブログランキングへ ブログランキング

ブログのまどランキングへ ブログ王へ

ブログランキング【くつろぐ】

QRコード
QR
カウンター

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ