それ受造者つくられしものふかきのぞみは神の諸子こたちあらわれんことを待てるなり。そは受造者つくられしもの虚空むなしきに帰らさるるはその願う所に非ず。(ローマ八・十九、二十)


第一 両親の感化

 先に述べた如く父は仁術を重んじ、儒教の感化により、清貧を貴ぶふうありて財政方面には更に無頓着にして、一生のあいだ財布を持ったことなしというほどであった。母は幼少より肉体弱く、継母ままははに仕えて苦しんだ結果であるが世の病者、貧者或いは不具者を憐れむ心はなはだ強くして常に多くの人々出入りして飲食し、貧者の子供を見れば直ちに憐れみ、自分の子供の衣服を与え、一つの衣物きものを一年のあいだ我が子にせること稀であった。父の無頓着にあいって家政の豊かになることは絶えてあるまじと思い私は子供ながらもこれでは一家を維持し、子女を教育すること能わざるは当然なり、これに反し他人の親達を見れば経済的知識あり、理智に富み子供に教育を授け、家庭の秩序だちおるを見るにつけても自分の両親もあんなであったら、かくまで不幸にはなるまいかと嘆いたこと幾度いくどもあった。

 れど今キリストの救いを受けて静かに考え見るに、もしも両親が世事せじけ、理智に富み、相当財をたくわえ、教育を授けられていたならば、この世の知識階級の奴隷となり、恐らく救われなかったであろう。世のこれらに富む人々の救わるることの困難なるを見るにつけてもかく感ずるのである。父がもっぱら仁術を重んじ、世の弱者を憐れみ、自分の貧苦を顧みず、人のために労苦した両親を与えられたるは決して無意義なことではなかった。世の病者の友となり、弱者の道伴みちづれとなり、貧者の慰め手となり給えるキリストの御足跡みあしあとをたどるようになし給う深き神の聖旨みむねのあったことを示され、今はかかる両親を与えられたことは神の恩恵めぐみによることと思うて感謝のほかはない。

第二 三大事業

 私は畢生ひっせいの事業として貧民救助、無資者むししゃの教育及び病者の救治きゅうちとの三大事業を生涯の大使命として実行したいとこころざし、すでに再三試みたこともあったが功を奏さず、何とかしてこれを成就する道なきかと考え、密かに求めつつあった時に救いを受け、神の能力ちからによりてこの三大事業を成し遂げ得ることを発見したことは何とも歓喜にえざる次第である。

 何故なにゆえにかかる事業にこころざしたかというに、すでに述べた如く、私自ら貧困の家に生まれ、貧苦に悩み、その悲しみは忘れんとして忘るる能わず、同じ境遇に居る者を見ると同情の念湧きで、この人々を救わずしてまた他に為すべきとうとき働きなしと心を定めたからである。又私は貧困のため秩序立ちた教育を受くることが出来なかった。しかるに世は益々ますます文明に進み、知識階級の世となるに従い秩序的教育を受けざる私はちょうじて学業にこころざしたるも最早もはや教育制度の許さざる所となり、遂には独学にてある程度まで学んだが形式を重んずる世の中には通用せず、その時期を失したため一生をあやまりた悲しみはこれまた忘れんとして忘ることの出来ない第二の苦痛であった。

 また病者の救治きゅうちの事業は幼少の頃より両親の重症にかかり、多年病床の身となって苦しむのみならず、一家の悲惨じつに名状すべからざる有様ありさまに陥った時、病の人生に及ぼすわざわいをツクヅク経験し、又医家いかに生まれ、その来る人々の病苦を見るに忍びなかった。これその救治きゅうちのため一身を投ぜんとした理由である。これらの計画を立てすでに試みたるも成功せなかった。これは本末を誤っていたからであった。キリストの救いを受けてこの三大事業も根本的になしくることの出来ることを知って喜びにえぬ次第である。

第三 真宗の行詰いきづまり

 前述の如く私の母は幼少の頃より継母けいぼにかかり、身体は弱く、又柘植つげしてのちも悲惨な境遇の支配を受け、とてもこの世に安心立命あんしんりつめいみちなきを悟ったためか信仰の念あつく、絶えず仏門に足を運び、父もまた儒教を熱心に学び如何いかなる患難かんなんしょしても意とせず、極めて磊落らいらくにして常に楽観的であった。これらの両親の感化を受くると共にその境遇上勢い宗教によって安定あんていを得るのほか他に道なく、安芸あき門徒もんとというて一向宗の最も盛んな所であるから母と父の病中にも毎朝未明に起き朝寺あさじと称し、寺にもうでその集まりを終わりて家に帰り、一家族そろうて内仏ないぶつに礼をなし、その後食事をなし、家事かじにつくことにちにちその慣例であった。更に熱心な信徒のみ出席する特別な同業者に加わるに至った。

 一向宗の教えはこの末代まつだい無智の凡夫ぼんぷ自力じりき雑業ぞうぎょうによって永遠の悟りを開くことは不可能なるを認め、ここに開祖かいそ親鸞しんらん上人しょうにん他力たりき本願ほんがんの道を開きたるものにして如何いかなる罪業ざいぎょう甚深じんじゅうの者でも弥陀みだ本願ほんがんによりてその身そのままただ信ずることのみによって救わるとの道を開きたるものであるが、私は如何いかにもして安心立命あんしんりつめいを得たく熱心に求めたが何等なんら功顕こうけんもなかった。それがためにあらゆる集会にもで名僧知識につき極力信仰に努めたが、これは現在の救いにあらずして罪を持ったままつゆちり疑うことなく、その身そのまま未来に飛び込めば赦しもあれば救いもあるというのであって極めて率直単純な信仰は養われたが、私の願う所は現在に於いて罪赦され、伏仰ふぎょう天地に恥じざる高潔な生涯に入りたいのでとても罪を持ったまま現在の生活をつづけることは出来ない。何かほかに救いはないかと多年たねん求めてまず、愚かながらも相当信仰の道を求めて修養鍛錬し、一面には実生活上の戦い、そのほうにも行き詰まり、ほとんど寝食を忘れるまでに苦しみ、時には人生不可解を叫び、何のために人はこの世に生まれて来たかと思い全く心中暗黒となり自殺をはからんとしたことも幾度いくどもあった。しかれども魂の問題については少しの光明もなく、未来に対する不安は満ち、死の恐れにつながれ、死なんとして死ぬことは出来ず、生きんとしても生きること能わず、この不安と苦痛を除かんがため、時には大酒おおざけを飲み、時には芝居にゆき、時には肉の快楽にふけり、あらゆる世の慰めを求めたが、どうしても心の叫びにこたうるものなく、更に不安に不安を加え、苦痛に苦痛を増すのみであった。

 これをようするに伝説によれば真宗は景教と称して支那しなに伝わっていたキリスト教の思想より取ったもので筋道はほとんどキリスト教に異なる所はないほどであるが、如何いかんせん、歴史的の贖いの事実がない。従って現在に於いて罪の赦しなく又生命せいめいを与うことは出来ない。私は真宗の信仰で全く行き詰まっていたから罪を赦し生命いのちを与うるキリストの救いは渇ける者に水を見せられた如く直ちに受け入れたのであった。ただ単純な信仰は真宗によって養われていたから、助けになったことは事実である。

オリーブ園クリスチャン古典ライブラリー 本館
オリーブ園クリスチャン古典ライブラリー 本館へ

コメント
トラックバック
トラックバックURL
コメントフォーム
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
全記事表示リンク
検索フォーム
個人のブログに関するリンク集
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

電子書籍
Glorious Secret
ジェシー・ペン-ルイス
「栄光の奥義」


The Cross of Christ
アンドリュー・マーレー
「キリストの十字架」


ランキングサイト
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 聖書・聖句へ

人気ブログランキングへ ブログランキング

ブログのまどランキングへ ブログ王へ

ブログランキング【くつろぐ】

QRコード
QR
カウンター

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ