近頃聖霊が無視されているその有様は、酷く恥ずかしいものである。あなたはこれが分かっているか?聖霊のこの聖なる油塗りを受けない限り、誰も神の御言葉を伝えるのに相応しくない。それにもかかわらず、人々はこの絶対に必要な唯一のもの以外のあらゆる装備を求めている。ヘブル語が何だというのか?説教術が何だというのか?社会学が何だというのか?修辞学が何だというのか?これらのものが人々の魂に神秘的な力を臨ませて、彼らを神にもたらせるというのか?人々を罪のために泣かせることができるというのか?否。ペンテコステのバプテスマだけがそうできるのである。

 人々が奉仕に背を向けている様は憂慮すべきことである。昨年、八百人の奉仕者が宣べ伝えの働きから離れて、法律業や、ジャーナリズムの働きや、神に召されていない他の働きについた。

 決して死ぬことのない魂にキリストのために宣べ伝えることほど、気高くて幸いな働きはない。その働きを怠り、放棄する人々がいる理由は、そのための備えがなかったからである。すなわち、聖霊を受けていなかったからである。ペンテコステを受けた人は、食事よりも宣べ伝えを優先する。また、話す人を雇うより自分で宣べ伝える。

 「自分の賜物はささやかなものだが、宣べ伝えたい」と感じている人はここにいるだろうか?私はあなたに言う。神は大学卒業生を得るのを喜ばれるのと同じように、あなたを得ることを喜ばれる。黙示録が与えられたのは、ガマリエルの生徒だったパウロではなく、正規の教育を受けていないヨハネであった。神は、尋常ならざる大きな賜物を持つ人と同じように、貧弱な賜物しかない人にも、大成功とご自身の明確な啓示を与えて下さる。

 諸君、人が聖霊を受けるとき、それは罪人の回心を意味することを、われわれは忘れている。また、クリスチャンが聖霊に満たされるとき、天空からの電気を流すスイッチを入れることができるようになることを、われわれは忘れている。それにより遂には、人々はよろめきつつイエス・キリストの足下に来るようになるのである。聖霊を受けるとき、あなたは宣べ伝えることができるようになる。誰にも任命してもらう必要は無い。われわれの少年たちや少女たちも宣べ伝えるべきである。私がここにいるのは、あなたに「宣べ伝えよ」と言うためである。

 何としても、宣べ伝えよ!「私は無であり、何もできない」とあなたは言う。神はあなたを祝福して下さる。無益でも構わないから、神に機会を与えよ。神が望んでおられるのは、牧者の投石器と雄羊の角だけである。ミデアン人を混乱させて勝利を得るのに神が必要とされるのは、宿営に転がし込む三セントの大麦パンだけである。もし神がここにいる聖潔の民から機会を得ることができていたなら、あなたはシンシナティの聖潔について恥じる必要はなかったであろう。洪水の時にミシシッピ川が谷間を流れて、ごみや邪魔物を洗い去るように、聖潔が諸々の通りや路地を流れていたであろう。聖霊を受ける時、あなたは聖潔について弁解する必要はなくなる。人々は聖潔に印象づけられるようになる。神はあなたを祝福して下さる。聖潔自身が自らを擁護するのである。

 われわれが「聖潔を擁護」しなければならない理由は、純粋なものを手にしていないからである。カルメル山で火が天から下った時、その火は不信仰を蹴散らした。火があなたの上に臨む時、不信仰はその呪われた頭を隠して永遠の恥を被り、神の民は勝利と勇気と力の風格を帯びるようになる。そのため悪魔は怯えるようになる。弁解しなければならないような「聖潔」から、神がわれわれを救って下さいますように!十日の集会を開いて、聖潔のための弁解にすべての時を費やしておきながら、「どうして集会はうまくいかなかったのだろう?」とあなたは不思議に思っているのである!


オリーブ園クリスチャン古典ライブラリー 本館
オリーブ園クリスチャン古典ライブラリー 本館へ

コメント
トラックバック
トラックバックURL
コメントフォーム
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
全記事表示リンク
検索フォーム
個人のブログに関するリンク集
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

電子書籍
Glorious Secret
ジェシー・ペン-ルイス
「栄光の奥義」


The Cross of Christ
アンドリュー・マーレー
「キリストの十字架」


ランキングサイト
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 聖書・聖句へ

人気ブログランキングへ ブログランキング

ブログのまどランキングへ ブログ王へ

ブログランキング【くつろぐ】

QRコード
QR
カウンター

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ