この御言葉の言葉が成就されるとき、われわれは勝利を得る。成功を得る。成功が保証される。この国の至る所で、人々が敗北を訴えているのはどういうことか?人々が自制して、「リバイバルが起きないことに深い痛みを覚える」と言うのはどういうことか?この午後にリバイバルが起きることは十八世紀前と同じくらい容易であることを、あなたは知っているか?神が神であり、真理が真理であるのが確実であるように、ある条件に続いて確実にリバイバルが起きることを、あなたは知っているか?

 リバイバルが起きない理由は、われわれが天からの聖霊と共に宣べ伝えないからである。われわれの上に溢れ流れ、たくさんのゴミ屑を運び去って、永遠の勝利を与えてくれる、いつものミシシッピ川が必要である。多くの人は「上手に宣べ伝える」。「論理的」であり、「秩序立てて考える人」であり、「愉快に伝え」る。人々はそれを「崇め」、自発的に敬意を表明するが、誰も救われないのである!別の人は、何ら目新しい真理もなく、ほとんど秩序立っていない。また、素朴な真理を示すそのやり方には、反対を招く多くの点があり、気難しい人は怒ってしまう。しかし、彼らは回心するのである。そして、後退した教会員たちは激怒するが、彼らは神と調和していないことが示されるのである。そして、その結果、偉大な永続的リバイバルが起きるのである!

 何が違うのか?一方の人は宣べ伝えたが、頭脳や人間的教育に頼った。他方の人は真理を宣べ伝え、聖霊に頼った。すこし前に、とても人気のある伝道者が、一連の不毛な集会の最後にこう述べた。「私には理解できません。私はある都市で、この同じ一連の説教をまさに同じ順番で説教しました。そこでは二百名の回心者があったのです」。聖霊は順序に従って進むことはないことを、その説教者は知るべきである。聖霊は規則に従って進むことはないのである!その人が宣べ伝えて御霊に頼った時、御霊は真理を尊ばれた。しかし、その人が真理の体系的提示に頼って他所で宣べ伝えた時、聖霊は退いてそれを尊ばれなかった。多くの時、聖霊は退いて、われわれの努力を尊んで下さらない。どこか他所で宣べ伝えたことを、われわれが繰り返そうとしているからである。

 多くの説教者は上手に説教する。完全に正統的だが、まったく益がない。なぜか?自分自身の考えに浸るあまり、この御言葉の成就にまったくとまどってしまうからである。あなたは知っているだろうか?理解不可能なことが拒絶されて非難されるだけでなく、人々が超自然的に見えるものをすべて恐れる時、われわれは堕落しているのである。人々は狂信的になることを恐れている。天の神よ、われわれを助けたまえ!

 ナイル川の流域は数千年間肥沃だったことで有名である。この肥沃さは毎年の洪水のおかげである。もしナイル川が両岸の間にとどまっていたなら、航行の役には大いに立っていただろうが、その土は食物を産出することはなく、飢饉になっていたであろう。諸々の義務を単純にこなせない人でも、神のために大いなることを成し遂げることができる。しかし、その人の魂の中に洪水が起きていれば、人々はその人から糧を得られたであろう。神の家に、人々のための糧があったであろう。主よ、われわれを溢れ流れさせたまえ!

 この世は興奮を称賛しているが、興奮を避けることが教会の一般的特徴である。そのようなことでは魂の収穫は得られない。人々がわれわれのことを何と言おうと、われわれはもっと無鉄砲になるべきだし、もっと進んで宣べ伝え、祈り、歌い、叫ぶべきである。そうなる時、人々がわれわれを「任命する」かどうかは些細な違いにすぎなくなる。自分の頭の上に司教の手を置いてもらったかどうかは、聖霊があなたの上におられるなら、些細な違いにすぎなくなる。聖なる方の油を受けるなら、あなたは宣べ伝えて、回心者たちと勝利を得る。そして、神の御名は崇められ、ペンテコステが再来する。


オリーブ園クリスチャン古典ライブラリー 本館
オリーブ園クリスチャン古典ライブラリー 本館へ

コメント
トラックバック
トラックバックURL
コメントフォーム
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
全記事表示リンク
検索フォーム
個人のブログに関するリンク集
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

電子書籍
Glorious Secret
ジェシー・ペン-ルイス
「栄光の奥義」


The Cross of Christ
アンドリュー・マーレー
「キリストの十字架」


ランキングサイト
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 聖書・聖句へ

人気ブログランキングへ ブログランキング

ブログのまどランキングへ ブログ王へ

ブログランキング【くつろぐ】

QRコード
QR
カウンター

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ