この第二の祝福をわれわれが得た後、神は他の数々の秘密をわれわれに啓示して下さる。一つは信仰の秘密である。神はこの秘密をアブラハムにささやかれた。ダニエルはこの秘密を知っていた。ダニエルと神はこの問題について語り合い、神は「ダニエルよ、もしあなたが私に対して真実であって、獅子たちと共に眠るなら、私はひとりの御使いを遣わして獅子の口を封じる」と仰せられた。ダニエルは「そうすることにします」と答えた。そこで神はダニエルを獅子の巣穴に行かせて、獅子の口を封じられたのである。神はあなたを獅子の巣穴に行かせようとはされなかったであろう。そのような旅をする栄誉をあなたが授かることはなかったであろう。あなたはおとなしく神に信頼しないだろうからである。あなたは金切り声を上げて出て行って、獅子たちがあなたを食い尽くしていただろう。しかし、神はダニエルが神に信頼するであろうことを知っておられた。なぜなら、ダニエルは「主の秘密」を知っていたからである。ダニエルは獅子の巣穴に行って、ぐっすり眠った。その晩、一晩中家の中を歩き回ったのは、王の方であった。

 ある教会の牧師になって、二つの宣教団と五つか六つの伝道者の団体の責任を引き受けるために、ニューイングランド市に行った時、人々は「あなたはとても困難な多くの問題に遭遇するだろう」と言った。そこで私は言った、「心配で床の上を歩き回ったり、横になっても眠れないような人は、きっと他の団体の人なのでしょう」。神は、私を毎晩眠らせることができるような境遇に、私を保って下さったのである。

 人がこの秘密を得る時、人は何でも信じて得ることができるようになる。私は夫のために二十年祈ったある婦人を知っている。彼女は夫を対象に祈ったり、夫について祈ることもあれば、夫のために祈ることもあった。霊的に低調な時、彼女は機嫌が悪く、小言を言って、自分の行った善行をすべて台無しにしてしまっていた。しかしある晩、彼女は必死になって、聖霊に夫を救ってくれるよう叫び求めた。夫は眠ったが、彼女は十一時までひざまづいた。十二時、一時になってもそうし続けた。彼女は待ち望みつつ、神と格闘し、遂に時計が二時になった。その時、天が開かれ、火が下り、彼女は「夫は救われる」という証しを得た。彼女も眠りにつくと、夫ががぱっと起き上がり、ひざまづいて、自分を助けてくれるよう熱心に聖霊に祈り、朝になるまでに救われたのである!この経験をする時、自分の愛する者たちを神が御手の中に握っておられることを確信できるようになる。神は愛する者たちの世話をして下さる。この秘密がなければ、おそらく、愛する者たちにあれこれ言っても、決して彼らは救われないであろう。

 しかし、あなた自身が稲妻に打たれるなら、神はあなたの親類を奮い動かす認罪を送って下さる。あなたは親類を救いたくないだろうか?あなた自身の生活を正しなさい――これがそうする道である。あなたは私のところに来て、「救われていない自分の子供を救って下さい!」と言う。もし母親が、連れがいる時と同じように、家庭や台所でも優しい生活を送ることを学ぶなら、子供たちはすぐに回心するであろう。あなたたちの中には、とても不機嫌で一緒に暮らすのが難しい人もいる。だから、誰もあなたの宗教を欲しないのである。神があなたを祝福して下さいますように。あなたの子供があなたの宗教を欲しないのももっともである。子供たちが救われないのももっともである。主よ、われわれが生来の罪を取り除くのを助けたまえ。そして、われわれを徹底的に救いたまえ。その時はじめて、人々が欲しがるものをわれわれは持つようになるのである。

 教会が知るべき力の秘密がある。「もっと力があればいいのに」と、ある人は言う。何のための力か?新聞で脚光を浴びる力、誇示する力、ひとかどの者になる力か?そんな力には何の価値もない。われわれに必要なのは霊の力である。人々が持つべき力の秘密がある。それは一年中毎日われわれに力を与えてくれる。伝道者が素晴らしい成功を収めるたびに、人々は驚いて、「彼の力の秘密はどこにあるのか?」と尋ねる。しかし、力の秘密は聖霊にある。人々が聖霊を受けるなら、自分のなすべきことを何でも成功裡に成し遂げるための力を彼らは持つようになるだろう。


オリーブ園クリスチャン古典ライブラリー 本館
オリーブ園クリスチャン古典ライブラリー 本館へ

コメント
トラックバック
トラックバックURL
コメントフォーム
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
全記事表示リンク
検索フォーム
個人のブログに関するリンク集
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

電子書籍
Glorious Secret
ジェシー・ペン-ルイス
「栄光の奥義」


The Cross of Christ
アンドリュー・マーレー
「キリストの十字架」


ランキングサイト
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 聖書・聖句へ

人気ブログランキングへ ブログランキング

ブログのまどランキングへ ブログ王へ

ブログランキング【くつろぐ】

QRコード
QR
カウンター

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ