外側の生活で良く見えるものは、それが正しい内なる命の指標である時だけ、価値を持つ。われわれがどのように見えたとしても、また、われわれが生活の中で何を公言していたとしても、もしそれが神の中にキリストと共に隠されている命の合理的所産ではなく、とこよの岩に根を張っていないなら、無価値であり、無以下である。しっかりと根を張るなら、人々は最初からよく耐えることができる。新約聖書の水準にしたがって生まれた若い回心者たちは、多くの迫害に耐えることができるし、大嵐にも耐えることができる。それだけではない――正しく根を張っているなら、嵐は妨げになるどころか助けになるのである。嵐によってその繊維は強まり、その葉は前よりも青々としたものになるのである。

 かつて私は西部で材木業に携わっていた。とても重たい材木を扱ったものだった。私は木の年輪を数えることにずっと興味を抱いてきた。コロンブスがアメリカを発見した時に五十歳や百歳だった木を見つけたことも時々ある――五百年の夏期のサイクロンや、凍えるような寒さや、五百年の冬期の寒い北風に耐えた木である。しかし、その木の主根は深く潜って水に届いていたのである。その根はずっと下まで伸びて、下にある岩や泉に根を張っていたのである。だから、嵐がやって来ても、少しだけ岩をしっかりとつかむだけで済んだのである。

 台車の材料の棒が欲しいことが時々あったのだが、私はそれをどこに探しに行ったか?森の中心まで行ったことは一度もない――自分の周囲の木に同情を寄せて保護していた木を取ったことは一度もない。私は森の端に行った。さらに望ましいのは、開けた野原で育った木を選ぶことだった。開けた野原では、木は自分のことだけを顧みていたからである。そこで私は最も頑丈な枝を見つけたのである。私が目撃したようにあなたも目撃していたなら、その木の頑丈さにあなたは驚いたであろう。その木は、枝が地面につきそうになるくらいしなった後、元通り真っ直ぐになったのである。その木は暴風雨にさらされるとしなり、しかし、サイクロンが過ぎ去ると元通り真っ直ぐになったのである。それによって、嵐の前よりも木繊維は強くなり、葉は青々としたものになったのであった。

 私は正しく根を下ろしている一人の善良な人を知っている。暴風雨がその人を打つのを私は見た。その人がしなるのを私は見た。批判者たちが「彼は倒れるだろう」と言うのを私は聞いた。「それみたことか」と人々が言う用意をしているのを私は見た。しかし、彼は回復したのである。暴風雨にさらされると、またしなり、人々は「彼はおしまいだ」と言う。しかし、嵐が過ぎ去ると、この人は元通りまっすぐになって、前よりもクリスチャン繊維が強まり、葉は青々としたものになって、麗しい信仰を持つようになるのである。あなたが正しく根を張るなら、嵐があなたを傷つけることはない――むしろ益になる。有益な昔ながらの健全な迫害は、自分がどこにいるのかを見いだすよう、われわれの民を促してくれる。健全な迫害という有益な嵐に耐えられていたなら、あなたは自分がどの場所にいるのかを地理的に特定できていたであろう。

 ああ、根を下ろしている人々が必要である!今の時代、人々は頭でっかちで、学校は頭に知識を詰め込むばかりで心を飢えさせており、人は利口さによって評価されている。また、話術や雄弁さが求められており、話を聞いてもらうには流暢な言葉使いと美辞麗句が必要である――このような時代にあって、われわれが必要としているのは、神の事柄に根ざした堅固な基盤である。

 ダニエルは根を張っていた。彼は環境に服して、地中深く成長した。それで地獄の嵐に耐えられたのである。彼は地獄の砲撃の打撃に耐えることができた。彼は立つことができた。地獄の軍勢に抵抗できただけでなく、不法の潮流を跳ね返すことができた。神は常にこのような人を数名持っておられる。どうか神がその数を増やして下さいますように!愛する者よ、もしあなたが根を下ろしているなら、誰かがあなたを非難するたびに、萎れた葉っぱのように「縮こまる」ことはないであろう。誰かがあなたを批判するたびに、しおれることはないであろう。そうではなく、前よりも少しばかり大きな声で叫び、歌うであろう。試練がわれわれの益となる地点に、主なる神はわれわれをもたらして下さるのである!


オリーブ園クリスチャン古典ライブラリー 本館
オリーブ園クリスチャン古典ライブラリー 本館へ

コメント
トラックバック
トラックバックURL
コメントフォーム
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
全記事表示リンク
検索フォーム
個人のブログに関するリンク集
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

電子書籍
Glorious Secret
ジェシー・ペン-ルイス
「栄光の奥義」


The Cross of Christ
アンドリュー・マーレー
「キリストの十字架」


ランキングサイト
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 聖書・聖句へ

人気ブログランキングへ ブログランキング

ブログのまどランキングへ ブログ王へ

ブログランキング【くつろぐ】

QRコード
QR
カウンター

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ