「そして彼らは、信仰と聖霊に満ちた人ステパノを選んだ」(使徒六・五)。


 これがステパノに対する最初の紹介である。彼の出生地や幼少期、系図や学歴について、われわれは何も知らない。彼の政治的・社会的・経済的立場は何も告げられていない。彼の出身が五番街なのか、それとも、ボワリー街の外れなのかわからないし、スラム街なのか山の手なのかもわからない。彼のクリスチャン経験がただちに紹介されているわけではない。このことから私が思うのは、天が人の内に御覧になる最も重要なものはクリスチャン経験ではないということである。ただちに告げられているのは、ステパノは「信仰と聖霊に満ちていた」ということである。したがって、これが人を測る神の規準であるにちがいない。人々は自分の基準を持っている。彼らは自分で自分を測り、互いに比較し合う。しかし、神には神の規準がある。そして、人が神の測量線に沿って立つ時、人は自分が遠く及ばないことを見いだす。ある小さな少年が母親に「自分の身長は六フィート(feet)だ」と言ったので、母親は少年の発言に疑問を持った。そこで、少年は母親に「自分の小さな足(feet)ではかったんだもん」と断言した。人の自己評価はこのようなものである。これが人々が互いに評価し合うやり方である。自分自身の尺度にしたがって評価しているのである。しかし、神には一つの尺度がある。そして、われわれが神の尺度によって測られる時、われわれはまったく遠く及ばないのである。神には人に基準を満たさせる一つの方法がある。もし今晩、あなたが自分のクリスチャン経験に不足を感じているなら、嬉しいことに私はあなたに「神は一つの計画を持っておられる」と告げることができる。その計画により、あなたの不足は補われ、「神が自分を仕上げて満たして下さったので、神聖な期待にかなう者になった」という意識があなたの魂の中に芽生えるのである。

 ステパノには二倍の割り当てがあったことがわかる。彼は二倍満ちていたのである。ほとんどの人は一倍満ちてさえいない。しかし、ステパノは「信仰と聖霊に満ちて」いた。信仰に満ちることと御霊に満ちることとをほとんど同一視するのは構わない。しかし他方で、間違いなくあるとき聖霊を受けたにもかかわらず、あまり信仰に満ちていないとても多くの人々がいる。ここにも、本来持っているべき信仰を持っていない人々がいる。

 疑いや不信仰を口にするのをやめない限り、われわれは決して今以上の信仰を持つことはない。なぜなら、疑いを口にするなら、疑うようになるからである。不信仰を口にすれば、不信仰は手の上で成長していくからである。しかし、信仰を養うなら、信仰を励ますなら、ふんだんに信仰を持つようになる。信仰は神の賜物であるだけでなく、「信仰は聞くことにより、聞くことは神の御言葉による」。われわれはイエス・キリストを信じる満ち満ちた信仰を持つべきである。さらに大きなものを求めて信じるべきである。信仰により、われわれを脅かす最大の妨げの彼方を仰ぎ見るべきである。なぜなら、「信じる者に対して」「神には何でもすることができる」からである。

 祝福を得るのは信じる人々である。主題は何でも構わない。例えば、救いが主題の場合、頭を掻きむしって疑う人々は決して祝福されない。聖めの問題の場合、境界線のあたりをうろついて、「自分はこれを信じない。あれを信じない」という人々は、大いに幸せになることは決してない。そのような人々がまったく無我夢中になって献身的愛情に満たされるのを、あなたが目にすることは決してない。神癒の問題の場合、「自分は信じない」と言ってばかりいる人々が、神癒から大きな益を受けることはない。祝福されるのは信じる人々なのである。

 愛する人よ、あなたも私も信仰に富むべきである。不信仰を口にするべきではない。あるいは、神が御言葉の中で約束して下さったものに疑いを差し挟んではならない。


オリーブ園クリスチャン古典ライブラリー 本館
オリーブ園クリスチャン古典ライブラリー 本館へ

コメント
トラックバック
トラックバックURL
コメントフォーム
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
全記事表示リンク
検索フォーム
個人のブログに関するリンク集
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

電子書籍
Glorious Secret
ジェシー・ペン-ルイス
「栄光の奥義」


The Cross of Christ
アンドリュー・マーレー
「キリストの十字架」


ランキングサイト
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 聖書・聖句へ

人気ブログランキングへ ブログランキング

ブログのまどランキングへ ブログ王へ

ブログランキング【くつろぐ】

QRコード
QR
カウンター

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ