この栄誉の一覧に記されている次のものは、さげすまれているものである。神はさげすまれているものを選ばれた。ところで、人は多くの反対や迫害にあわない限り、長きにわたって神と親しく生きるようにはならないものである。神と共に歩む人は、自分の内なる霊に、呪われた領域から発する迫害の熱い息吹を何度も感じるようになる。神のためにこの聖なる戦いの中にあるとき、しきりに迫害を感じるようになる。彼は悪魔どもの全軍勢によって迫害されるようになる。悪魔どもはみなかつて天使だったので、天使のふりをして人々を欺くすべを心得ている。多くの説教者が欺かれており、自分の会衆を地獄に導いている。天使のふりをしたサタンによって騙されて、盲目にされているからである。われわれが欲しているのは本物の救いである。自分が何者なのかを知り、われわれをさげすまれた者にしてくれる迫害を迎えようではないか。あなたが本物をえるとき、迫害を求める必要はなくなる。

時として人々は迫害を求める。私はボストンにいるある人を知っている。私が思うに、その人は牢屋に行くことをむしろ喜びとする人であった。彼は路上で宣べ伝えたために牢屋に入れられた。人々は彼に許可証を与えようとしたのだが、彼はそれを受け取ろうとせず、宣べ伝えては牢屋に入れられることを繰り返した。それには多少利己的な動機があって、彼は迫害を求めていたのかもしれない。しかし、本物を得るとき、迫害を求める必要はなくなる。気づかぬうちに迫害がやってくるようになる。ある人々は、「人々は彼らがイエスと共にいたことを知って」と述べている使徒行伝四章を読んで、「本物を得るなら、すべての人が自分たちのようになる」と思っている。しかし、その章の続きを読んで、弟子たちがイエスと共にいたことを知った時、人々は弟子たちをどうしようとしたのかを見なければならない。人々は弟子たちを殺そうとしたことがわかるであろう。神はわれわれの愚かしさや誤謬からわれわれを救って下さる。神はさげすまれているものを選ばれた。神は追放されたものを用いて下さるのである。

この人が会堂から追放されたのをイエスが聞かれた時、イエスはその人を受け入れられた。われわれが拒絶され、さげすまれ、追い立てられ、散らされる時、神はやって来てわれわれに勝利を与えて下さる。教会が最大の力を持っていたのは、教会が迫害されている時、さげすまれている時であった。


オリーブ園クリスチャン古典ライブラリー 本館
オリーブ園クリスチャン古典ライブラリー 本館へ

コメント
トラックバック
トラックバックURL
コメントフォーム
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
全記事表示リンク
検索フォーム
個人のブログに関するリンク集
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

電子書籍
Glorious Secret
ジェシー・ペン-ルイス
「栄光の奥義」


The Cross of Christ
アンドリュー・マーレー
「キリストの十字架」


ランキングサイト
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 聖書・聖句へ

人気ブログランキングへ ブログランキング

ブログのまどランキングへ ブログ王へ

ブログランキング【くつろぐ】

QRコード
QR
カウンター

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ