この恵みは、時が始まる前に、キリスト・イエスにあって私たちに与えられました。しかし今や、私たちの救い主キリスト・イエスの現れにより、この恵みは明らかにされています。キリストは死を滅ぼし、福音を通して命と不死とを明るみに出して下さいました。(二テモテ一・九~一〇)


 キリストにより、死からその力が取り去られた。そして、私たちは定められた時に彼を通して死からよみがえる。御言葉はこう告げている、「おお、死よ、お前のとげはどこにあるのか?」(一コリント一五・五五)。

しかし、死はどのように滅ぼされたのか?また、死と不死は実際どのようにして明るみに出されたのか?私たちはみな死 ななければならないし、死の恐怖を耐え忍ばなければならない。それでは今、死にいかなる違いがあるのか?まず第一に、私たち信じる者にとって、たとえ死ななければならないとしても、死はイエスに出会う前とは異なるものである。私たちの救い主は言われた、「私を信じる者は、たとえ死んでも生きます」(ヨハネ一一・二五)。また、黙示録は言う、「主にあって死ぬ死者は幸いである」(黙示録一四・一三)。

 これについて考えると、実際のところ、死を見た者はいないのである。私を信じてほしい。死には死ぬ以上の意味がある。死後、体が傷んでいくとすると、肉体の死の源である魂は一体どうなるのか?

 旧約聖書にはハデス、死者の世界について記されている。その記すところは、楽しい光景ではない。ダビデは言う、「死者の中には、あなたの御名をたたえる者はいません。誰が墓からあなたを賛美するでしょう?」(詩篇六・五)。キリスト来臨の前、死がどれほどあわれな人類の上に死後も力をふるっていたのかを、いったい誰が知っているだろう?

 しかし、キリストにあって、今や状況は変わった――つまり、福音を受け入れた者たちにとって、状況は別なのである。実に、キリストを通して、死に関して完全な変化があったのである。キリストは「死の力を持つ者――すなわち悪魔――の力」(ヘブル二・一四)を滅ぼされた。キリストは死を滅ぼして、命と不死をもたらされたのである。

 それでは死とは何なのか?私たちは確信をもってこう言うことができる。主にあって死ぬ者は、死の力をこの地上で経験するだけであり、彼岸の世では経験しないのである。実に、死を通して、命と不死が私たちに臨む。まさにこの地上の光が消え去る時、光――天の光――が私たちに臨む。それゆえ、私たちは言うことができる、「死よ、私はもはやお前とは関係ない。お前はもはや私を苦しめ、困らせることはできない。私はお前から自由である。もっとも、依然として復活の日を待つ必要があるのだが」。

 イエスは体においては死に渡され、霊においては生かされた(一ペテロ三・一八)。死はもはや彼の上に力をふるうことはない。キリストにあって死ぬ者の上に、死はもはや力をふるうことはない。たとえ、復活の日を待たなくてはならなくても。私たち主に属する者は、目を閉じて死の力を打ち破った偉大な勝利者を見る時、喜ぶことができる。去り行く魂が来たるべき命を勝利のうちに握るさまを、私たちはみるだろうし、私たちの周りの人々も見るであろう。

ヨハン・クリストフ・ブルームハルト


オリーブ園クリスチャン古典ライブラリー 本館
オリーブ園クリスチャン古典ライブラリー 本館へ

コメント
トラックバック
トラックバックURL
コメントフォーム
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
全記事表示リンク
検索フォーム
個人のブログに関するリンク集
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

電子書籍
Glorious Secret
ジェシー・ペン-ルイス
「栄光の奥義」


The Cross of Christ
アンドリュー・マーレー
「キリストの十字架」


ランキングサイト
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 聖書・聖句へ

人気ブログランキングへ ブログランキング

ブログのまどランキングへ ブログ王へ

ブログランキング【くつろぐ】

QRコード
QR
カウンター

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ