なぜなら、私はこう確信しているからです。死も命も、御使いも悪鬼も、現在のものも将来のものも、力あるものも、高いものも深いものも、その他どんな被造物も、私たちの主キリスト・イエスにある神の愛から、私たちを引き離すことはできません。


 パウロはこう記している。いかなるものも、たとえそれが悲しい、人を動揺させるものや、困惑させるものだったとしても、神の愛を私たちに疑わせることは決してないはずである、と。神の愛は岩のように堅固であり、不動である。私たちを神の愛から引き離せるものは決して何もない。

 この御言葉の核心は、「私は確信している」である。この確かな望み、キリストにより神に信頼するこの揺るぎなき信頼は、決して取り去られるおそれはない。キリストを通して、私たちはこう確信する。何ものも私たちに神の愛を疑わせることはできない。どれほど多くの艱難が私たちに降りかかったとしても、キリストと共に苦しめば苦しむほど、私たちはますます彼の愛する子供となるのである。これを確信することが信仰である。

 こういうわけで、誰でもキリストを正しく知っている人は、特にその十字架を知っている人は、パウロと共に言うことができる。私が生きるにしても死ぬにしても、神は私を愛しておられると。サタンの使い、支配者たち、暗闇の軍勢が私に敵対していたとしても、神は私を愛しておられる。たとえ私が神の敵の攻撃を受けていたとしても、神は私を愛しておられる。しかるべき時に、神は敵どもを対処して下さる。それでも、神は私を愛しておられる。私が今の艱難に遭っていたとしても、将来に艱難が待ち受けていたとしても、上や下からの軍勢の攻撃を受けていたとしても、神は私を愛しておられる。物事や人が私を害することを欲し、実際に害していたとしても、私は確信をもって、「神は私を愛しておられる!」という事実を固持できるのである。

ヨハン・クリストフ・ブルームハルト


オリーブ園クリスチャン古典ライブラリー 本館
オリーブ園クリスチャン古典ライブラリー 本館へ

コメント
トラックバック
トラックバックURL
コメントフォーム
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
全記事表示リンク
検索フォーム
個人のブログに関するリンク集
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

電子書籍
Glorious Secret
ジェシー・ペン-ルイス
「栄光の奥義」


The Cross of Christ
アンドリュー・マーレー
「キリストの十字架」


ランキングサイト
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 聖書・聖句へ

人気ブログランキングへ ブログランキング

ブログのまどランキングへ ブログ王へ

ブログランキング【くつろぐ】

QRコード
QR
カウンター

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ