まず神の王国と神の義を求めなさい。そうすれば、他のものもみな与えられます。(マタイ六・三三)


 病はしばしば私を導いて、さらに大いなる静けさを求めるように、神が私を導くことを願っておられる道を新たに求めるようにしてくれた。私が回復したら、私は昔の方法で再び活動するだろう、と人々は思っていた。しかし、時が移り、召しも変わったので、私たちは昔の慣習的な道を登って神を喜ばせようとはしない。むしろ、私たちに数々の新しい道を示してくれる諸々のしるしに注意を払わなければならない。

 今、私は病気なので、後に下がる必要がある。自分自身の個性から離れる必要がある。私が引き下がりさえするなら、救い主ご自身がご自分の者のところに来て下さる、と私は信じる。私に身近な者たちとの関係において、これは一歩前進であることがわかる。最優先すべきは、神の王国と神の支配である。

 私はと言うと、特別な方法で他の人々の健康のために執り成す必要を、もはや感じていない。私はなおも祈るが、私が祈りたい最も大事なことは、神の王国の訪れである。私たちの交わりの基礎は、神が私たちを肉体的に癒して下さるかどうかではない。そうではない。私たちが共に集まるのは、救い主とその王国の顕現を喜んでいるからである。これが私たちの生きる目的である。このために、私たちは喜んですべてを放棄するのである。まず真っ先に神の王国を求める者は誰でも、自分が本当に必要としているものをすべて受けるであろう。

 他の人々のために執り成す時、私たちは全き喜びと信頼の中で、自分たちのことではなくイエス・キリストの権益を念頭に置いて、神の王国に目を注ぐべきである。たんなる外面的必要のために助けを求めて神の御許に行くのをやめなければならない。この場合もやはり、私たちが執り成しによって得ることを願う何ものにもまして、私たちの交わりの方が神の目から見て遥かに重要であり、遥かに貴重なのである(一ヨハネ一・一~四)。癒しは一つのことであり、救い主が望んでおられるのは、私たちの間でもっと自由に治めることなのである。

 それゆえ、なすことを神が望んでおられるものの前で、おののこうではないか。何があってもいいように覚悟する必要がある。特に、神が私たちから何かを取ることを決定された場合には。神は時として、私たちの思いや希望とは異なる道を通られる。特に病の時、静かにしていようではないか。そうするなら、神から直接到来するもの、神の王国に役立つものを、私たちは得るであろう。

クリストフ・フリードリヒ・ブルームハルト


オリーブ園クリスチャン古典ライブラリー 本館
オリーブ園クリスチャン古典ライブラリー 本館へ

コメント
トラックバック
トラックバックURL
コメントフォーム
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
全記事表示リンク
検索フォーム
個人のブログに関するリンク集
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

電子書籍
Glorious Secret
ジェシー・ペン-ルイス
「栄光の奥義」


The Cross of Christ
アンドリュー・マーレー
「キリストの十字架」


ランキングサイト
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 聖書・聖句へ

人気ブログランキングへ ブログランキング

ブログのまどランキングへ ブログ王へ

ブログランキング【くつろぐ】

QRコード
QR
カウンター

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ