FC2ブログ

 A.B.シンプソン博士は、旺盛な活動の生涯を送る特権、そして、多くの経路を通してごく僅かな人しか享受できないほどの豊かさで奉仕する生涯を送る特権を授かりました。満四十年間、休息や余暇はほとんど一日もなく、彼は自分の霊的・精神的命の富を、無尽蔵と思われるほどの流れで注ぎ出しました。彼は大都会の教会の牧師であり、この教会は彼の指導の下で大いに栄えました。特別な奉仕や大会では、彼のメッセージが常に必要とされました。急速に成長しつつある宣教団体の総裁として、多くの異なる国々にある諸教会をすべて顧みる負担を、彼はもっぱら自分の精神と心に担いました。支援の保証や通常の支援要員無しに、新しい動きを推進する際に持ち上がる財政上の諸問題は、それだけでも大仕事でした。彼はペンを走らせたので、出版局の印刷機は稼働し続けました。霊的な教えについての約八十冊の本が、一般読者の用に供されました。無数のトラクトや一時的な小冊子の他に、少なくとも二千の彼の説教が出版されました。彼は百以上の詩歌を作曲し、その多くは広く出回っていますが、必ずしも作者が明らかにされているわけではありません。彼は多くの義務を抱えてたいへんでしたが、彼のメッセージは常に説教術の完成型といえるものであり、彼の本同様、入念な準備の跡がうかがわれるものでした。

 この素晴らしく有用な務めの秘訣は何だったのでしょう?彼は並々ならぬ才能に恵まれており、早々と完全に準備を済ませていたことは分かりますが、他方、次のこともはっきりさせなければなりません。すなわち、注ぎ出された命のこのような絶え間ない流れを説明しうる唯一の理由は、彼が神を秘密の泉として認識していたことなのです。シンプソン博士は、「私が与える水は、その人の内で、永遠の命へと湧き上がる水の泉になります」という約束の効能を見事に描写しました。自分自身の経験により、彼はキリストの命の現実性を描写したのです。このキリストの命を、彼はこの書物で大いに魅力的に示しています。


オリーブ園クリスチャン古典ライブラリー 本館
オリーブ園クリスチャン古典ライブラリー 本館へ


プロフィール
カレンダー
02 | 2020/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
全記事表示リンク
検索フォーム
個人のブログに関するリンク集
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

電子書籍
Glorious Secret
ジェシー・ペン-ルイス
「栄光の奥義」


The Cross of Christ
アンドリュー・マーレー
「キリストの十字架」


ランキングサイト
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 聖書・聖句へ

人気ブログランキングへ ブログランキング

ブログのまどランキングへ ブログ王へ

ブログランキング【くつろぐ】

QRコード
QR
カウンター

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ