FC2ブログ

聖書朗読:一列一八・四〇~四六、一九・一~二

「最後に、私の兄弟たちよ、主の中で、また彼の力強い大能の中で力づけられなさい。神のすべての武具を身に着けなさい。悪魔の策略に対抗して立つことができるためです。というのは、私たちの格闘は肉や血に対するものではなく、主権者たちに、権力者たちに、この世の暗闇の支配者たちに、高き所にいる悪の霊の勢力に対するものだからです。こういうわけで、神のすべての武具を取りなさい。それは、あなたたちが邪悪な日にあって抵抗することができ、またすべてをやり終えた後も、なお立つことができるためです。絶えず御霊の中ですべての祈りと願い求めの限りを尽くして祈り、すべての聖徒のためにすべての根気と願い求めの限りを尽くし、このために目を覚ましていなさい。」(エペソ六・一〇~一三、一八)


 まず第一に、戦いの領域を認識することが必要です。それは極めて明確に天と関係しています。私たちが読んだエリヤの物語では、それはこれが起きた天と大いに密接かつ明確に関係していたことを、私たちは知っています。天が視野を大いに占めています。祈りにより天が閉ざされ、祈りにより、後に天が開かれました。しかし、天が閉ざされていた期間のあいだ、次の偉大な問題に決着がつきました。すなわち、誰が支配することになるのか、そして、誰が天で統治することになるのか、という問題です――バアルが優位・至高の地位を占めて、上から支配する力として、主の民の生活を統治するのでしょうか。それとも、主ご自身がその地位に着かれるのでしょうか。それは、誰が天を、主権の地位を、至高の地位を占めるのか、という問題でした。そして、この戦いが徹底的に戦われ、しばらくの間、この民がこの立場に至るまで、主はご自身の継続的支配という恵み深い御業を差し止められました。

 この問題の決着がつきました――「主こそ神です」。そして次にバアルは彼の高き所から投げ落とされ、天上から悪の勢力と組織は追い出され、主の民の心に関する限り、主に天における彼の適切な地位が与えられました。


オリーブ園クリスチャン古典ライブラリー 本館
オリーブ園クリスチャン古典ライブラリー 本館へ

プロフィール
カレンダー
02 | 2020/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
全記事表示リンク
検索フォーム
個人のブログに関するリンク集
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

電子書籍
Glorious Secret
ジェシー・ペン-ルイス
「栄光の奥義」


The Cross of Christ
アンドリュー・マーレー
「キリストの十字架」


ランキングサイト
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 聖書・聖句へ

人気ブログランキングへ ブログランキング

ブログのまどランキングへ ブログ王へ

ブログランキング【くつろぐ】

QRコード
QR
カウンター

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ