FC2ブログ

「キリスト・イエスの良い兵士として、私と苦難を共にしてください。兵役についている兵士はだれも、日常生活の事にかかわってはいません。それは徴兵した者を喜ばせるためです。」(二テモテ二・三、四)


(A)訓練

 パウロの有名なこれらの言葉により、私たちは訓練という最も重要な問題に導かれます。訓練とは何でしょう?その恒常的効果を、目的意識をもって気を引き締めてかかる力、と表現できるでしょう。それはだらしなさ、不注意さ、不活発さと対照的です。これは使徒ペテロが「あなたたちの思いの腰に帯を締め」(一ペテロ一・一三)と述べているものです。さて、これまで述べてきた東南アジア一大軍事作戦では、もちろん、訓練がとても大きな地位を占めていました。私たちはそれについて考えることにしますが、それは五つの異なる、しかし関連しあっている点と関係があります。

(1)振る舞いに関して

 第一に、訓練は振る舞いと関係しています。私はこの本から引用しているのではありません。しかし、振る舞いというこの問題に関して多くのことがそこに述べられています。次のようなほのかな考えを受け入れるのはとても容易です。すなわち、戦時体制にある時(特にこの軍事作戦で優勢だった状況下では)訓練はあまり重要ではない、練兵場での制限を投げ捨てても構わないし、訓練での厳密な規則や法規を気にする必要はない、自分たちはそうしたすべてのものから解放されており、まっすぐ戦いの中に飛び込んでも構わない、という考えです。しかしこの本の著者は、練習、訓練、振る舞いに関するこれらすべての規則を戦闘で守ることを大いに重視しています。主の民である私たちの振る舞いがこの軍事作戦におけるもっとも重要な要素であることがすぐにわかります。ご存じのように、新約聖書はクリスチャンの振る舞いに関して多くのことを述べています。霊感された書の中で主がそれについて多く述べておられることには、大いに実際的な目的があります。私たちの行動、私たちの態度――私たちの振る舞い方――の重要性を彼はご存じです。彼にとってそれはこの戦いに欠かせない部分です。それは重要です。それは大きな違いを生じさせます。私たちの方法や私たちの生活作法は、たるんでいたり、だらしなかったり、不注意であってはなりません。そのような類のことによって敵は大きな益を得ます。それによって、主の権益に逆らう、私たちが召されている目的全体に逆らう、最も効果的な武器が敵の手に渡ってしまいます。


オリーブ園クリスチャン古典ライブラリー 本館
オリーブ園クリスチャン古典ライブラリー 本館へ

プロフィール
カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
全記事表示リンク
検索フォーム
個人のブログに関するリンク集
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

電子書籍
Glorious Secret
ジェシー・ペン-ルイス
「栄光の奥義」


The Cross of Christ
アンドリュー・マーレー
「キリストの十字架」


ランキングサイト
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 聖書・聖句へ

人気ブログランキングへ ブログランキング

ブログのまどランキングへ ブログ王へ

ブログランキング【くつろぐ】

QRコード
QR
カウンター

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ