FC2ブログ

聖書朗読:二歴六章:イザヤ五六・六~七:マルコ一一・一七:エペソ六・一八

「私の家は、すべての諸国民のための祈りの家と呼ばれる。」


 歴代誌第二の六章は、預言者なる御方のこの御言葉に関する壮大な実例・絵図です。ソロモンが家を奉献したとき、普遍的性質を帯びた祈りによりその務めが始まり、その機能が導入されました。この章の特徴的言葉は「この家」と「あなたの御名」です。「彼らがこの家に向かって祈る時、その上にあるあなたの御名のゆえに……」。

 あなたは特定の人々に関する使徒の言葉を思い出すでしょう。彼らに関して使徒は、彼らは「あなたたちがその名で呼ばれているあの聖なる御名を冒涜した」と述べています。この家が、歴史的にも霊的にも、この二つの節のつなぐものです。そして、御名によってこの家は呼ばれます。

 御名によって呼ばれる家としてのソロモンの宮に言えたことは、主の御名がその上にある教会、キリストの教会にも言えます。ソロモンの宮の本体は教会であると特定することはまったく難しくありません。あなたは疑いなく十分に御言葉に親しんでおられるので、これに関して聖書を引用する必要はないでしょう。この発言を裏付ける多くの節があなたの心に思い浮かぶでしょう。教会は神の家です。「私たちは神の家です」とヘブル人への手紙の著者は述べています。「霊のいけにえを捧げる霊の家」とペテロは述べています。特定するのはまったく難しくありません。また、御名がこの家の上にあることも極めて明らかです。人々が最初に担った御名のゆえに、教会は大いに力強く前進しました。御名の力が彼らの務めの中に常に現わされました。これはまったくもって単純であって、詳細に論じる必要はまったくありません。次の以下のような他の要因があります。


オリーブ園クリスチャン古典ライブラリー 本館
オリーブ園クリスチャン古典ライブラリー 本館へ

プロフィール
カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
全記事表示リンク
検索フォーム
個人のブログに関するリンク集
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

電子書籍
Glorious Secret
ジェシー・ペン-ルイス
「栄光の奥義」


The Cross of Christ
アンドリュー・マーレー
「キリストの十字架」


ランキングサイト
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 聖書・聖句へ

人気ブログランキングへ ブログランキング

ブログのまどランキングへ ブログ王へ

ブログランキング【くつろぐ】

QRコード
QR
カウンター

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ