FC2ブログ

b)敵は知識を遮る

 敵の重要な戦略のもう一つは、あらゆる知識を遮ることです。この本には偵察と、偵察の妨害について多くのことが述べられています。敵がどのように優位に立って、最初の軍事作戦で凄まじい勝利を得たのかについて多くのことが述べられています。それは主として、敵軍の偵察部隊を完全に活動不能にすることによりました。著者は偵察不足や偵察の失敗について、そしてその代償について、絶えず不平を鳴らして抗議しています。この遮断の問題では、相手側に機密情報をもたらす工作員や手段をことごとく断ち切るこの問題では、敵が疑いなく優位に立っていました。

 敵に関する私たちの知識、敵と敵の方法に関する私たちの情報について、あまり多くのことを述べようとは思いません。それよりもっと益のあること、もっと積極的なものに取り組みたいと思います。しかし、諜報を遮り、遮断し、不可能にし、軍隊を無知な状態に保とうとする敵の思惑は、重要な要素であり、先に進むとき私たちはこれを強調しなければなりません。

 使徒パウロは、すでに述べたように、偉大な兵士、偉大な戦士であり、この問題を大いに意識していました。彼自身つねにこの問題に立ち向かいました。照らし、啓示、知性(intelligence)、霊的理解力の問題についてパウロが記していることをすべて集めるなら、有益な学びになるでしょう。たとえば、六回以上、別の場所、別の文脈で、パウロが「私はあなたたちに無知であってほしくありません……」(ロマ一・一三、一一・二五、一コリ一〇・一、一二・一、二コリ一・八、一テサ四・一三)という句を使っていることは印象的です。この六箇所の文脈を見ると、各々に重大な意義があることがわかります。「兄弟たち、私はあなたたちに無知であってほしくありません……」と彼が述べた後、決定的に重要な何かが続くのです。

 霊的知性は、ですから、人を盲目にして煙に巻くサタンの働きから人を解放することと第一に関係しています。


オリーブ園クリスチャン古典ライブラリー 本館
オリーブ園クリスチャン古典ライブラリー 本館へ

プロフィール
カレンダー
12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
全記事表示リンク
検索フォーム
個人のブログに関するリンク集
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

電子書籍
Glorious Secret
ジェシー・ペン-ルイス
「栄光の奥義」


The Cross of Christ
アンドリュー・マーレー
「キリストの十字架」


ランキングサイト
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 聖書・聖句へ

人気ブログランキングへ ブログランキング

ブログのまどランキングへ ブログ王へ

ブログランキング【くつろぐ】

QRコード
QR
カウンター

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ