FC2ブログ

 このような時を主はどのように対処されるのでしょう?御自身の御子である主イエスを最高の卓越した地位にもたらして、彼を焦点とすることによってです。最初はそうでしたし、主の民の間に力があった時代は常にそうでした。力の秘訣は、主が御民の生活の中で最高のすべてを支配する焦点であることでした。主に関する事柄ではなく、主御自身です。契約の箱は主の表現を表していました。そしてそれが中心にあって、主の民の敬慕の地位を占めていた時、彼らは力強く前進しました。そのため、契約の箱が最初に進んだ時、水は神の強力な力によって裂けました。その契約の箱の上に、すべての目が注がれました。キリスト教時代の開始時、視野にあったのは主イエスでした。主イエスが人々の心を奪って、夢中にさせていました。交わりや運動ではなく、主御自身でした。それは力の時代であり、私たちはそこに戻らなければなりません。個人生活においても団体生活においてもそうしなければなりません。主が生活の中心となって統治しなければなりません。個人的にも団体的にも主が御民の中心でなければなりません。場所、教え、教師、交わりではなく、主です。その時、あなたは力を回復します。この単純な言葉は遠くまで及びます――そして「ああ、私は何と惨めな人でしょう!誰が私を解放してくれるのでしょう……」と絶望して叫んだ人の叫びは希望と保証を与える答えを得ます――その答えとは「私たちの主であるイエス・キリストを通して神に感謝します」です。

 あまりにも内省的なせいで喪服に縛り付けられている人々に対応するのは、よくあることです。もしここにいる誰かが自分自身の霊的地位で頭がいっぱいなら、自分の目を内側に向けて、あまりにも酷すぎると感じているなら――愛する人よ、解放の道は質問に答えてもらったり、問題ないこと、そして悩む必要はないことを誰かに納得させてもらうことにはよりません。また、それはさらなる光や教えを受ける問題でもありません。「私」をキリストに、あるいはキリストを「私」に変えて、「私」の代わりに主イエスをあなたの生活の主観的焦点とする問題です。あなたの内におられるキリストだけが栄光の望みであり、脱出する道です。今日、次のような主の子らにたくさん出会います。彼らはすぐに自分自身に関する恐ろしい話や、霊的な困難・問題の話を吐露し始めるので、彼らと話す時間が少しもないほどです。そして、彼らを助けるために自分にできることをしてあげると、彼らは「助かりました」と言うのですが、次に会うとまた同じ問題を抱えているのです。数か月後、数年後に会っても、結局のところ、昔と同じ話を聞かされます。彼らが解放される唯一の道は、私たちの主であるイエス・キリストが彼らの望みとして彼らの心の焦点となることです。彼らは彼に付いて自分自身から離れなければなりません。霊的にもそうしなければなりません。主イエスを新たに理解すること――これが解放の道です。自己に対する主の民の拘泥を断ち切らない限り、彼らを助けられない状況にあなたは立ち向かうことになるでしょう。主イエスが内的にあなたの信仰の対象とならなければなりません。彼は解放して下さいます。あなたはあの死体と共に長いあいだ競技場を巡ってきましたが、彼はその闘技場の出口です。


オリーブ園クリスチャン古典ライブラリー 本館
オリーブ園クリスチャン古典ライブラリー 本館へ

プロフィール
カレンダー
12 | 2019/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
全記事表示リンク
最新記事
検索フォーム
個人のブログに関するリンク集
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

電子書籍
Glorious Secret
ジェシー・ペン-ルイス
「栄光の奥義」


The Cross of Christ
アンドリュー・マーレー
「キリストの十字架」


ランキングサイト
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 聖書・聖句へ

人気ブログランキングへ ブログランキング

ブログのまどランキングへ ブログ王へ

ブログランキング【くつろぐ】

QRコード
QR
カウンター

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ