当初の意図・御旨の確保

 これは(1)御子の受肉、(2)御子の償い・贖いの御業という手段によって実現されます。「神は(中略)この終わりの時には、御子にあって私たちに語られました。(中略)御子は罪の清めを成し終えてから、高き所におられる大能者の右に座られました」。神は御子にあって当初の御旨を確保されます。

 そこで使徒は言います、「しかし、人自身に関する限り、万物が人の足元にあるのを私たちは見ていません。神の当初の御旨が人において実現されるのを私たちは見ていません。ただ、人なる御方、神の御子、神の御子であり人の子でもある御方が、死の苦しみにより、栄光と尊貴を冠として与えられたのを見ています。また、代表者である彼に関する限り、万物が彼の足元にあるのを見ています」。「私があなたの敵をあなたの足台とするまで、私の右に座していなさい」。これは御子に対して述べられています。「私たちはイエスを見ています」。この受肉の称号、人の子の称号は、常にこの神聖なパースンの人性と関係しており、それがここで用いられています。ですから、第二に、この当初の御旨がキリストにあって受肉と十字架を通して確保されたことがわかります。

 次に生じる第三の点は、子たちの天的召しと協力関係です。


オリーブ園クリスチャン古典ライブラリー 本館
オリーブ園クリスチャン古典ライブラリー 本館へ

プロフィール
カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
全記事表示リンク
検索フォーム
個人のブログに関するリンク集
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

電子書籍
Glorious Secret
ジェシー・ペン-ルイス
「栄光の奥義」


The Cross of Christ
アンドリュー・マーレー
「キリストの十字架」


ランキングサイト
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 聖書・聖句へ

人気ブログランキングへ ブログランキング

ブログのまどランキングへ ブログ王へ

ブログランキング【くつろぐ】

QRコード
QR
カウンター

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ