「サタンをあなたたちの足の下に」 ロマ一六・二〇

神の御子が現わされました。それは彼が悪魔の業を滅ぼすためです。一ヨハ三・八

それは死を通して、彼が死の力を持つ者、すなわち悪魔を滅ぼすためであり、また死の恐怖のゆえに一生涯、奴隷となっていた者たちを解放するためです。ヘブ二・一四~一五

それを十字架に釘づけてしまわれました。そして、神は主権者たちや権力者たちを剥ぎ取り、彼らを公然とさらし者にして、そこにおいて彼らに勝ち誇られました。コロ二・一四~一五

「あなたたちの内におられるキリスト」 コロ一・二七

私はキリストと共に十字架に付けられています。にもかかわらず私は生きています。私ではなくキリストが私の内に生きておられるのです。そして、私がいま肉体にあって生きているその命を、私は神の御子の信仰によって生きます。この方は私を愛して、私のために御自身をお与えになりました。ガラ二・二〇

力をもって、彼の霊により、内なる人の中で強められなさい。それはキリストが信仰によってあなたたちの心の中に住むためです。エペ三・一六~一七

「私は彼らの中に住み、彼らの中を歩む」と神は言われました。二コリ六・一六

あなたたちの内におられる方は、この世にいる者よりも偉大です。一ヨハ四・四

「勝利」 一ヨハ五・四

主は私の主に言われた、「私があなたの敵どもをあなたの足台にするまで、私の右に座していなさい」。使二・三四~三五

その大きな龍、悪魔ともサタンとも呼ばれているあの古の蛇、全世界を欺く者は追い出された。黙一二・九

そして、彼らは小羊の血により、また彼らの証しの言葉によって彼に打ち勝った。彼らは死に至るまで自分の命を愛さなかった。黙一二・一一

神に感謝します。神は私たちの主イエス・キリストを通して私たちに勝利を与えて下さいます。一コリ一五・五七

「イエスに(中略)冠が与えられた」 一ヨハ五・四

私たちを愛し、御自身の血によって私たちの諸々の罪から私たちを洗い、私たちを神また彼の父のために王とし、祭司として下さった方に、栄光と主権が世々限りなくありますように。黙一・五~六

あなたは屠られ、その血によって、神のために、あらゆる部族、言語、民族、民から私たちを贖って下さいました。黙五・九


オリーブ園クリスチャン古典ライブラリー 本館
オリーブ園クリスチャン古典ライブラリー 本館へ


「聖霊」 ルカ一一・一三

キリストは私たちのために呪いとされて、私たちを律法の呪いから贖って下さいました。ガラ三・一三

それは私たちが信仰を通して約束された御霊を受けるためです。ガラ三・一四

聖霊によらなければ、誰も「イエスは主です」と言えません。一コリ一二・二

神の事柄は、神の御霊以外に誰も知る人はいません。今や私たちは、この世の霊ではなく、神からの霊を受けています。それは、神から私たちに無代価で与えられているものを、私たちが知るためです。一コリ二・一一~一二

「罪に対して全く死んでいると見なしなさい」 ロマ六・一一

彼御自身がその身に私たちの諸々の罪を木の上で担われました。それは、私たちが諸々の罪に対して死んで、義に生きるためです。この方の打たれた傷によって、あなたたちは癒されたのです。一ペテ二・二四

彼が死んだのは、ただ一度罪に対して死なれたのであり、彼が生きるのは神に対して生きるのです。ですから同じようにあなたたちも、私たちの主イエス・キリストを通して、罪に対して全く死んでおり、神に対して生きていると見なしなさい。ロマ六・一〇~一一

罪があなたたちを支配することはありません。ロマ六・一四

「世のものではありません」 ヨハ一七・一六

私たちの主イエス・キリストは、私たちの諸々の罪のために御自身をお与えになりました。それは、この今の邪悪な世から私たちを救うためです。ガラ一・三~四

あなたたちはキリストと共に死んで、この世の幼稚な教えから離れました。コロ二・二〇

私には、私たちの主イエス・キリストの十字架以外に、誇るようなことが断じてあってはなりません。この方によってこの世は私に対して十字架に付けられ、私もこの世に対して十字架に付けられたのです。ガラ六・一四

なぜならあなたたちは死んでおり、あなたたちの命はキリストと共に神の中に隠されているからです。コロ三・三

誰でも世を愛するなら、御父の愛はその人の内にありません。一ヨハ二・一五


オリーブ園クリスチャン古典ライブラリー 本館
オリーブ園クリスチャン古典ライブラリー 本館へ


「和解」 ロマ五・一七

神はキリストにあって世を御自身に和解させられました。二コリ五・一九

彼の十字架の血を通して平和を造り、彼によって和解させて下さいました。コロ一・二〇

かつてあなたたちは神から離れ、邪悪な行いのせいで、心の中で神に敵対していましたが、今や彼はあなたたちを和解させて下さいました。コロ一・二一

御子の死によって、神と和解させられました。ロマ五・一〇

いわば神が私たちによってあなたたちに懇願しておられるのです。私たちはキリストに代わってあなたたちのために祈ります。神と和解させられなさい。二コリ五・二〇

「諸々の罪の赦し」 使一〇・四三

あなたたちが殺して木に架けたイエスを、神は御自分の右に高く上げて、君とも救い主ともされました。それはイスラエルに悔い改めと、諸々の罪の赦しを与えるためです。使五・三〇~三一

私はもはや彼らの諸々の罪と諸々の不義を思い出さない。ヘブ一〇・一七

「恵みの御座」 ヘブ四・一六

キリストも一度だけ諸々の罪のために苦しまれました。義なる方が不義な者のために苦しまれたのです。それは彼が私たちを神にもたらすためでした。一ペテ三・一八

今や、イエス・キリストにあって、かつて遠く離れていたあなたたちは、キリストの血により近い者とされました。エペ二・一三

御自分の御子を惜しまずに、私たち全員のために渡された方が、どうして彼と共に、万物を私たちに無代価で賜らないことがあるでしょう?ロマ八・三二

彼は御自身によって神のもとに来る者を極みまでも救うことができます。ヘブ七・二五


オリーブ園クリスチャン古典ライブラリー 本館
オリーブ園クリスチャン古典ライブラリー 本館へ


「主イエスの復活」 使四・三三

このイエスを神は復活させました。私たちはみな、そのことの証人です。使二・三二

この方を神は死の苦しみから解放して復活させました。彼が死の中に捕らえられていることはありえなかったからです。使二・二四

あなたたちが十字架に付けたナザレのイエス・キリストを、神は死者の中から復活させました。使四・一〇

この方以外に救いはありません。私たちを救いうる名は、これを別にしては、天下の誰にも与えられていないからです。使四・一二

「命へと至る悔い改め」 使一一・一八

こう記してあります。キリストは苦しみを受け、三日目に死者の中から復活する。そして、悔い改めと諸々の罪の赦しが、その御名の中で宣べ伝えられる。ルカ二四・四六~四七

見よ、世の罪を取り除く神の小羊。ヨハ一・二九

悔い改めを与えるための救い主。使五・三一

神の慈愛はあなたを悔い改めに導く。ロマ二・四

敬虔な悲しみは、救いに至る悔い改めをもたらす。二コリ七・一〇

ですから、悔い改めて回心しなさい。それは、あなたたちの諸々の罪が拭い去られるためです。使三・一九

「私たちの諸々の罪のための宥め」 一ヨハ二・二

死がすべての人の上に及びました。すべての人が罪を犯したからです。ロマ五・一二

キリスト・イエスを神は立てて宥めとされました。それは、彼の血により、信仰を通してです。ロマ三・二四~二五

私たちがまだ罪人だった時、キリストが私たちのために死んで下さったことにより、神は私たちに対する愛を示されました。私たちは彼の血によって今や義とされているのですから、彼を通して御怒りから救われるのはなおさらです。ロマ五・八~九

神は私たちのために、罪を知らない方を罪とされました。それは私たちが彼にあって神の義とされるためです。二コリ五・二一


オリーブ園クリスチャン古典ライブラリー 本館
オリーブ園クリスチャン古典ライブラリー 本館へ


「十字架の言葉」 一コリ一・一八

彼らはカルバリと呼ばれている所に来ると、そこで彼を十字架に付けた。ルカ二三・三三

(イエスは)言われた。「完了した」。ヨハ一九・三〇

あなたたちが十字架に付けたこのイエスを、神は主ともキリストともされました。使二・三六

「神は御子を遣わされました」 ガラ四・四

キリスト・イエスは、神のかたちの中に存在しておられますが、神と等しくあることを固守すべき事とは思わず、かえって御自身をむなしくし、僕の形を取り、人の姿になられました。ピリ二・五、七

彼は御自身を低くして、死に至るまで、実に十字架の死に至るまで従順になられました。ピリ二・八

神はそのひとり子を賜るほどに世を愛されました。それは彼を信じる人が一人も滅びないで、永遠の命を持つためです。ヨハ三・一六

「キリストの苦難」 一ペテ一・一一

人々から蔑まれ、拒絶され、悲しみの人で痛みを知っていた。イザ五三・三

確かに彼は私たちの痛みを負い、私たちの悲しみを担った。イザ五三・四

彼は私たちの咎のために傷つけられ、私たちの不義のために砕かれた。イザ五三・五

私たちはみな、おのおの自分の道に向かって行った。主は私たちすべての者の不義を、彼の上に置かれた。イザ五三・六

そして、「彼は罪人たちのひとりに数えられた」と述べている聖書が成就された。マコ一五・二八

そしりが私の心を砕いた。詩六九・二〇


オリーブ園クリスチャン古典ライブラリー 本館
オリーブ園クリスチャン古典ライブラリー 本館へ

プロフィール
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
全記事表示リンク
検索フォーム
個人のブログに関するリンク集
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

電子書籍
Glorious Secret
ジェシー・ペン-ルイス
「栄光の奥義」


The Cross of Christ
アンドリュー・マーレー
「キリストの十字架」


ランキングサイト
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 聖書・聖句へ

人気ブログランキングへ ブログランキング

ブログのまどランキングへ ブログ王へ

ブログランキング【くつろぐ】

QRコード
QR
カウンター

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ