「エルサレムの平和のために祈れ」(詩一二二・六)。エルサレムは、その義を失った時、その平和を失いました。なぜなら、それを支える主権を失ったからです。これらのものは同行します。もしあなたが義を犯しているなら、主はあなたを彼の主権、彼の王職によって支えて下さいません。

 アブラハムは、平野の都に関するこの問題で、神を知るようにされました。「私は私のしようとすることをアブラハムに隠してよいであろうか?」(創一八・一七)。主はアブラハムに「私はこれらの都を滅ぼすつもりである」と語られました。アブラハムは義を求めました。「あなたは正しい者を悪い者と一緒に滅ぼされるのですか?」。神は実質的に言われました、「その通りです!それは私の道ではありません!私は決して義を滅ぼすことはありません。もしあなたが義を見い出すなら、私は滅ぼすことができません。私は義を守らなければなりません!」。そこで、アブラハムは徹底的に調べましたが、何も見つかりませんでした。彼は、「あなたがこのことを行うのは完全に正しいです」と言わなければなりませんでした。もしアブラハムが義を見つけていたなら、神はそれを行えなかったでしょう。義と王座の保護は同行します。義に欠けるなら、王座は保護するために機能することはできません。アブラハムと共に現れる新エルサレムは、彼の性格を帯びるべきものであり、これらすべてのものの化身となるべきものでした。この問題を史的エルサレムを超えてさらに考えるなら、次の焦点はキリスト御自身と、それから彼のからだである教会であることを見い出します――新エルサレムは、御自身の民に関する霊的な御思いについて、神が御心の中に抱いておられたものをすべて表現すべきものなのです。


オリーブ園クリスチャン古典ライブラリー 本館
オリーブ園クリスチャン古典ライブラリー 本館へ


 王座が確立される時、義が至高の権威によって維持され、あなたは平和を知ることができるようになります。これらはみな復活の力の中で働きます。彼は王であり、祭司です。そして、彼は復活のゆえに平和を確立しておられます。

 こうして主権が現れます。そして、主権は単なる領域の問題ではなく、むしろ道徳的・霊的栄光の問題であることがわかります。彼の王職がそうです。それは平和の主権です。

 もしそれを理解できたなら、これには大きな価値があります。平和と義のような、これらの道徳的・霊的要素は、背後に至高の主権という途方もない力がことごとく控えている事柄です。私たちの義は私たちを支えられないことを、あなたも私も知っています。それは誰も支えられません。私たちの義は破綻します。それは貧弱なものであり、取るに足りないものです。私たちの平和はあまり長持ちしないことを、私たちはとてもよく知っています。私たち自身の平和はどれくらい強いでしょうか?それに臨むとても弱い攻撃程度の強さです。私たちの平和を覆すのは大したことではありません。次に、考えうる他の何らかの道徳的・霊的美徳を取り上げて、人自身の美徳、人自身の道徳的・霊的特徴がどれくらい人の助けになるのか見てみなさい。あまり助けにならないのです!しかし次に、主について考えてみなさい。主は義と平和と他のあらゆる美徳を持っておられ、彼の御霊によってそれらを分与し、それらの背後にある彼の御座の力、この御座が意味する勝利の力をすべて与えて下さいます。それは勝利する義です。これはこの宇宙における絶対的主権者である御方のゆえです。主イエスの主権は義の主権です。もしあなたに彼の義を覆すことができるなら、あなたは彼の御座も覆すことができます。もしあなたに彼の平和を覆すことができるなら、あなたは彼の主権も覆すことができます。これらのものは同行します。私たちに必要なのは、主が私たちの存在の中心で、その力強い主権の力の限りを尽くして、その輝かしい平和の限りを尽くして、その深く揺らぐことのない喜びの限りを尽くして、王座に着くことです。それは抽象的要素ではありません。御座と、それが意味するすべてのものが、すべてと共にあり、すべての背後にあります。

 これは確かに、それらの霊的・道徳的な真理や現実の具現化となるよう意図されていたものです。エルサレムが義によって支えられていた時、エルサレムは不動でした。エルサレムが義を捨てた時、エルサレムを支えるものは取り下げられ、エルサレムは崩壊しました。


オリーブ園クリスチャン古典ライブラリー 本館
オリーブ園クリスチャン古典ライブラリー 本館へ


 なぜキリストの祭司職は完全に彼の復活に基づくようになったのでしょう?その理由は単純で、神は王職を待っておられたのであり、神の御思いによると、王職から離れて真の祭司職はありえないからです。これを捉えて、よく考えて下さい。神の御心によると、王職から離れて完全な祭司職はありません。祭司職が最大限に発揮されるには、王職が祭司職には必要不可欠です。

 アロンの祭司職はエリで破綻しました。その時、サムエルがもたらされて、何が起きたでしょう?サムエルがもたらされたのは、祭司職の新しい体制を導入するためではありませんでした。サムエルがもたらされたのは、王を導入するためでした。その時から、王が常に祭司よりも優位に立ちました。ダビデは彼自身王でしたが、亜麻布のエポデを着て、この二つを彼自身において結び合わせました。しかし、ダビデの祭司職は彼の王職に従属していました。アロンの位の意義や価値は、もちろん、すべてキリストの内に集結・包括されています。しかし、アロンの位よりもメルキゼデクの位の方が優っています。

 王職が至高の支配的基調です。それが第一の最高位です。次に何が来るでしょう?義です!しかし、義は祭司職をもたらします。義の問題は祭司職によって取り扱われます。しかし、至高の権威の王座を確立できるのは、義だけです。祭司職に力を与えるのは王座、王職です。旧約聖書はこれを完全に明らかにしています。祭司職はその後、王座からその力とその職位を得ました。ダビデがどのように祭司たちを扱ったのかに注目して下さい。彼は大祭司を解任して、他の人々を導入しました。大祭司たちが神を裏切った時、ダビデは彼らをその職から追放しました。これを行うのは重大なことです。イスラエルに王たちがいなかった時代に戻ると、祭司に触れる人は誰もいなかったのです!しかし、祭司たちに優る地位にある一人の人がここにいます。ダビデにとって、それは義の問題に関して王座が支配する問題でした。大祭司たちが神を裏切り、義の問題に関して破綻したとき、王座が介入しました。そして、祭司職はもはや立ち得なくなりました。

 この二つの事柄は共にキリストの内に見出されます。彼は王であり祭司であることがわかります。そしてまさに彼の王座により、彼は義と彼の祭司の働きとを守ります。私たちには偉大な大祭司がいます。彼は王であり、主権者です。


オリーブ園クリスチャン古典ライブラリー 本館
オリーブ園クリスチャン古典ライブラリー 本館へ


 キリストと関係があるメルキゼデクによって導入されている王職について、少し考えてみて下さい。注目すべきことに、キリストは統治の部族、君主の部族であるユダ族出身でした。しかし、ユダ族からは一人も祭司は出ていません。そこに祭司職はありませんでした。もしキリストが地上におられたなら――印象的な句です――彼は決して祭司にはなっていなかったでしょう、なぜなら、ユダからは一人も祭司が出ていないからです、と使徒は論じています。これは彼の祭司職をただちに地から運び去って、天的な祭司職の位をもたらします。ですから、キリストの祭司職はアロンの祭司職とは別の根拠に基づいて生じます。彼は復活との関係で確立された祭司です。詩篇百十篇は、彼の祭司職は墓の此岸側――それはこの地と完全に関係しています――に属するものではないことを、大いに明らかにしています。この墓は私たちのこの地との接触を完全かつ決定的に断ち切ります。これがバプテスマの意義です。バプテスマの目的は、次の事実を宣言することです。すなわち、私たちの死によるキリストとの合一により、この地との霊的な類の関係はすべて終わらされた、という事実です。よく聞いて下さい、私たちがキリストの天的祭司職の恩恵にあずかれるのは、これが事実であるときだけです。なぜなら、彼の祭司職はアロンの位によるもの――それは地上の生活や地に向かう生活をしている人々に適用されます――ではないからです。キリストの祭司職は、彼が天におられる事実――これはただちに復活について告げます――に基づいています。ですから、彼の祭司職は復活の効力・効用によります。

 アブラムに戻ると、この都に関して、アブラムは予型的な方法でこの立場に、復活の立場に達しなければならなかったことがわかります。イサクですら、依然として地と何らかの関係があるものとしてこの地から断ち切られます。そして、天と関係している復活の立場に基づいて、この都に関する神の御旨が成就されます。ですから、キリストの祭司職が確立されるのは復活と関係しています。「あなたは私の子である。今日、私はあなたを生んだ」(ヘブ一・五)という句は彼の復活について触れています。そして、メルキゼデクのこの祭司職は予型的に限りない命の力にしたがっています。


オリーブ園クリスチャン古典ライブラリー 本館
オリーブ園クリスチャン古典ライブラリー 本館へ


キリストに対するメルキゼデクの予型的関係

 キリストに対する彼の予型的関係に注目して下さい。彼はこれらの卓越した霊的要素を導入するからです。それらは主に五つであると言えると思います。

一.王職

 第一は、主御自身の民の間における王職であり、この選ばれた人と関係しています。王職はこの勝利者と接触し、この勝利者は王座との接触にもたらされます。これがメルキゼデクが示す第一の神の全き御思いです。いましがた述べたように、これが完全に実現されるには、途方もない長さの歴史的進展が必要です。しかし、神はこの地点から、私たちがこれから注目するものに向かって働かれます。

二.祭司職

 地的ではなく天的な祭司職であり、アロンの位ではなくメルキゼデクの位によるものです――天的な祭司職、永続的な祭司職が示されます。一言で言うと、神の完全な御思いによる祭司職です。

三.義

 義の原則がメルキゼデクと共に特別な方法で現れます。それは新しい原則ではありません。義は神と同じく古いものです。それはメルキゼデクと共に特別な方法で現れます。彼は義の王にふさわしいからです。今これに言及しますが、あとでもっと詳しく述べることにします。

四.平和

 義は平和へと至ります。王職や祭司職と関係している平和と義が、私たちの前に示されているものです。この二つを一緒にするなら、主イエスの御業とパースンの広大な領域を網羅することになります。逆に言うと――平和は義のゆえであり、天的祭司職のゆえであり、絶対的主権のゆえです。

五.限りない命

 「……神の御子のようであって(中略)限りない命の力にしたがって」(ヘブ七・三、一六)。これが新約聖書がメルキゼデクに与えている称号です。

 これらを再び正順と逆順の両方でまとめることにしましょう。王職、天の位による祭司職、義、平和と限りない命。限りない命は与えられた命のゆえであり、義の根拠に基づいていて、天の祭司職を通してであり、それをすべて守る宇宙的主権の王座によります。これは傑出した展望であり、主イエスのパースンと御業に関するこれらの予型的要素を持つ一人の人において示されています。


オリーブ園クリスチャン古典ライブラリー 本館
オリーブ園クリスチャン古典ライブラリー 本館へ

プロフィール
カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
全記事表示リンク
検索フォーム
個人のブログに関するリンク集
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

電子書籍
Glorious Secret
ジェシー・ペン-ルイス
「栄光の奥義」


The Cross of Christ
アンドリュー・マーレー
「キリストの十字架」


ランキングサイト
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 聖書・聖句へ

人気ブログランキングへ ブログランキング

ブログのまどランキングへ ブログ王へ

ブログランキング【くつろぐ】

QRコード
QR
カウンター

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ