今、重大な問題について見ることにする。すなわち、神癒の問題である。

 われわれが生きている今日の教会の中に神癒の務めが引き起こす途方もない抗議を、私以上に知る人は誰もいない。数年前、神癒の務めの偉大な復興の波が地球上を覆った時、間もなく反対運動が組織され始め、あらゆる公正・不公正な手段がそれに反対して人々を説得するために用いられた。大勢の人によって数々の本が書かれた。風刺記事が新聞の欄を埋めた。そして宗教誌さえもが神癒の務めに反対する広告に次々と紙面を費やした。悪魔が怒っていたのだと私は信じる。悪魔はあまりにも怒っていたので、体の癒しに関する神の超自然的力を信じる信仰を撲滅するために、自分の持つすべての武器を使い始めたのだと私は信じる。

 教会のフィラデルフィア時代の終わりに、神癒の務めの復興が訪れた。それは、伝道と聖潔のフィラデルフィア時代の栄光と力の自然な結果に他ならなかった。実際、堅固な信仰の持ち主である大きな教派の指導者たちはみな、神癒を心から信じる者たちだった。そして、彼らの多くが「神の力によって体の問題から解放された」と主張した。ジョン・ウェスレーは自分の雑誌を神癒で満たした。アンドリュー・マーレーは神癒に関する本を書いた。ジョン・ノックスは、松明のようにスコットランドを行き巡った時、神癒を実践して宣べ伝えた。ピーター・カートライトは神癒を宣言した。後年、知的力と霊的力を持つA.T.ピアソンがこの福音の真理を擁護した。

 神癒に疑いの余地は少しもなかった――人々は神の力によって癒された。魂の救いのために、また伝道の炎を広げるために、神癒は最も大きな力の一つであることが証明されてきた。教会は何世紀ものあいだ神癒を目撃してきた。

 悪魔が怒ったのも不思議ではない。神の力強い御業を人々は自分の目で見ることができたのである。祭壇はイエス・キリストを個人的な救い主として求める男女で満ちた。彼らは決してパンや魚を求めていなかった。ある人が「私の魂と心は変えられました」と証しした時、人々にはその人の証しの言葉しか手掛かりがなかった。おそらく、その人の生活がその証しを実証し始めるようになるまではそうだった。しかし、足なえの人が飛び跳ね始め、おしの人の舌が解かれた時――罪深い人々ですら驚いて目を大きく開けた。そして、世人はイスラエルに神がおられることを知り始めた。使徒たちの時代と同じように、人々は一緒に走ってやってきた。それは、起きた神癒について耳にしたからである。このようにわれわれの生きている時代に神癒が始まったのである。


オリーブ園クリスチャン古典ライブラリー 本館
オリーブ園クリスチャン古典ライブラリー 本館へ


 昨日の恵みは、今日の諸問題には十分ではないかもしれない。それによってわれわれが過去に勝利した力は、明日の勝利を勝ち取るのに用いる力ではない。水の流れは速く流れ――あなたの信仰は消え去る。昨日の川底の小石の上でさざ波を立てていた水は、今日は広大な海の中に失われている。神の恵みはよどんだ湖ではない。流れる川である。神に祝福されている人であるとダビデが宣言した人は、川のほとりに植えられた木のような人であり、しかるべき時に実を結ぶ人である。

 昨日の勝利を証しすることによって、今日勝利に欠けていることの言い訳をするのは、とてもありふれてはいるが有害な習慣である。信仰の増し加わり、霊の力の増し加わり、経験の深化、人間生活におけるクリスチャン的美徳の増倍化・強化があってしかるべきである。

 嵐の雲が立ち込めていることを私は知っている。数々の問題が生じることを私は知っている。様々な状況に悩まされることを私は知っている。時として環境が恐れへと導くことを私は知っている――しかし、あなたの頭を上げよ、ああ、神の子供よ。信仰の兵士たちの軍隊があなたの人生の野を行進して横切るのを待ってはいけない。あなたが持っている信仰を用いよ。嵐の騒音があなたの声を掻き消し、それをあなたの顔に跳ね返すように思われたとしても、勝利を叫べ。エリコの道にいた男の叫びを群衆の喧騒や騒音にもかかわらず聞き取られたキリストは、聞く力を失ってはおられない。彼は叫びを聞いて下さる。

 あなたはいつの日か、神の御言葉の堅固さと神の永遠の約束の不変性に驚いて立ちつくすだろう。神は偽ることができない――神は誓いを取り下げない――神は御言葉を実証される。地上や地獄のいかなる力も、神が御自分の約束にしたがってそれを成就するのを邪魔できない。

 あなたの信仰を増し加える最善の道は、あなたが持っている信仰を用いることである。


オリーブ園クリスチャン古典ライブラリー 本館
オリーブ園クリスチャン古典ライブラリー 本館へ


 主の御言葉は、信仰を養い育むことのできる牧場である。信仰は御言葉を通して来る。そして、御言葉で養われることにより、成長して増し加わる。多くの良い説教の効力が失われ、信仰に対して霊感として作用してこなかったのは、人々が御言葉の糧を食べるのを拒んだからである。御言葉が消化されていれば、信仰が生じていただろう。

 われわれはこの世の諸事であまりにも忙しい。家庭生活で無数の問題が生じるため、主の御言葉の学びのための時間がほんの少ししか見つからない。前の章であなたに述べたように、信仰は聞くことにより、聞くことは主の御言葉による。信仰を求めて跪いて多くの時間を祈りに費やしても、養いの場所――神の御言葉――に行かないなら、われわれにあまり益は無い。自分の食事に気をつけず、アイスクリームとパイだけで生きることに固執するなら、体力を求めて祈るのは愚かなことである。

 御言葉を読むことはまた、神の諸々の約束との直接的な生き生きとした接触にあなたをもたらす。その諸々の約束は真実であることを、あなたの心は納得する。聖霊は信仰を分与しはじめ、信仰の現われと行使により約束は現実のものとなる。

 御言葉を読むことは、必然的に、われわれの耳を常にイエスに傾け続けることを意味する。何と多くのクリスチャンが昨日の経験に基づいて生きるという過ちを犯していることか。ほんの一瞬でも違いが生じる。ペテロは、湖の上を歩いた時、これを見出した。


オリーブ園クリスチャン古典ライブラリー 本館
オリーブ園クリスチャン古典ライブラリー 本館へ


 理解力に欠けているせいで「十分な信仰」を求めて何年も座り込んできた親愛なる人々に、私は躊躇せずに言おう。

 「あなたが持っている信仰を用いよ」。それはあまり大きくないかもしれないが、小さなダビデが大きなゴリアテを殺したことを思い出せ。神の流れる恵みという小川から取った小さな石は、地獄の金床で鍛造された極上の鉄でできた大剣以上のことをなしうる。心に信仰を持つ盾持ちの少年は、サウルの装いにしたがって自分の武具に模様をつける軍勢全体よりも、神のために多くのことを成し遂げられる。

 自分の信仰は十分ではない、とどうして分かるのか?あなたはそれを解明しようとしたことがあるか?あなたの祈りが神のもとに昇るのと同じくらい速やかにかなえられなくても、それが何だというのか?あなたはこう思ったことはないだろうか?自分の求めに対して神が常に直ちに応えてくれていたなら、自分の信仰はほとんど働くことがなく、信仰には成長のための機会が決して無かっただろう、と。返答が遅れて、あなたは少しばかり痛みを感じるかもしれない。しかしおそらく、それらの痛みは成長による痛みなのである。祈り続けよ、祈り続けよ、そうすれば次第に具合が良くなるだろう。


オリーブ園クリスチャン古典ライブラリー 本館
オリーブ園クリスチャン古典ライブラリー 本館へ


 「自分の持っている信仰は何と小さいことか」と疑いや恐れが争っている時は、「主よ、信じます。私の不信仰を助けて下さい」と叫ぶ方が遥かに良い。そう述べた聖書中の人物をあなたは覚えているだろう。そこには信仰があった――確かに、それはあまり大きなものではなかった――しかし、それでも信仰があった。そこには不信仰もあった。その人は不信仰を蔑み、憎み、望んでいなかった――しかし、そこには依然として不信仰があった。

 彼は立ち去って、絶望的惨めさの中で手を握り締めて、「無駄である」と言うこともできた。もしそうしていたら、彼は敗北していただろう。主の力を見て喜びのゆえに叫ばずにはいられない勝利は、決して彼に訪れていなかっただろう。その代わりに、不信仰の重荷を覚えつつ、彼は「信仰よ、働け。小さな信仰よ、神を握れ。小さな信仰よ、御声を聞け。手を差し伸ばして神に触れよ。神を去らせるな」と叫んだ。

 小さな信仰は、その筋肉を使い始める時、大きな信仰となる。決して忘れてはならない。信仰はある目的のために分与されるのであり、それが与えられた目的のためにそれを用いるのを拒むなら、それは取り下げられてしまうのである。信仰を失ったこの人がそれを失ったのは、それを用いることを拒んだからである。

 臆病者のように、彼はそれを環境や状況のせいにするかもしれない。時々私は、それが遺伝のせいである人々と知り合いになることがある。しかし、キリストは環境よりも偉大である――どんな状況もキリストには全くかなわない。遺伝の鎖ですら、ユダ族の獅子の神によって砕かれる。

 「自分は信仰を失った」と叫びまわる人が責めるべきは、自分自身以外に誰もいない。神は決してどんな人にも無理なことを期待されないし、人の能力では果しえないことを要求されることもない。神はわれわれが誘惑されるようにはなさらない。あるいは、ギリシャ語が述べているように「耐えられない試みにあわせることはない」。五十の逃れの道はないかもしれないが、逃れの道が常に一つあることを主は約束して下さっている。


オリーブ園クリスチャン古典ライブラリー 本館
オリーブ園クリスチャン古典ライブラリー 本館へ

プロフィール
カレンダー
12 | 2017/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
全記事表示リンク
検索フォーム
個人のブログに関するリンク集
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

電子書籍
Glorious Secret
ジェシー・ペン-ルイス
「栄光の奥義」


The Cross of Christ
アンドリュー・マーレー
「キリストの十字架」


ランキングサイト
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 聖書・聖句へ

人気ブログランキングへ ブログランキング

ブログのまどランキングへ ブログ王へ

ブログランキング【くつろぐ】

QRコード
QR
カウンター

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ