その後、洪水がやって来た。巨大なダムの壁が決壊したかのように、不信仰、疑い、恐れの洪水が波立ち、荒れ狂い、抗し難いほどの力で流れて吠え猛り、その巨大な流れですべての人や物を運び去った。この世でも教会でも、誰も逃れられなかった。例外は、霊的な高台に登った人々だった。彼らは狼狽しながら、また砕けた心で、自分たちの足下のこの荒れ狂ってうねる水を見つめた。

 自分たちが過去の年月の奉仕を通して建て上げてきたものが、ダンボールの家のように、この嵐の猛威を前にして崩れ去るのを、彼らは見た。理想、道徳基準――祖先の信仰――は、みな無慈悲にも、この嵐に乗ってラオデキヤという平原に、あるいは無神論や不信仰という暗い谷の中に運び去られた。

 この時までは、この世にすらある程度の信仰があった。決して教会に入ったことのない人々でも信じていた。幾人かのボルテールや、二、三のトマス・ペインはいたが、市井の平均的な人々は、たとえ救われていない人でも、神を信じていたし、救いの力を認めていた。諸教会には人々がよく集っていた。人々が歌う詩歌は福音の真理で脈打っていた。祈りは熱烈だった。この世のすべてがうまくいっているわけではなくても、神は御自分の天におられることを、ほとんどすべての人が信じていた。これは、もちろん、この洪水の前のことである。

 とても多くの人は、この教会の倒壊を世界戦争(第一次世界大戦――編集者)のせいにしている。特に、教会の中の平均的な人々や霊的な事柄における信仰の挫折をそのせいにしている。世界大戦は紛れもなくその最高潮だったが、それに先立つ多くの要素がそれに寄与した。しばらくの間、霊的邪悪さに対する戦いが天上でなされていたのである。

 不可知論者のトマス・ペインは、それを理性の時代と呼んだ。ハックスレーは、その科学的心変わりにより、彼の知的観念という大剣で信仰の要塞を攻撃した。ダーウィンはわれわれに彼の「種の起源」を与えた。彼は教会の大部分や多くの科学者から嘲られ非難されたが、自分の理論について考え続け、遂に致命的影響を及ぼし始めた。人間生活という戦場でささやかな敗北を喫したことは何回かあったが、教会は長きにわたって自分の立場を守ってきた。

 諸々の大学がこの戦いの中に入った。そしていわゆる教授たちが、最初に、自分たちの悪魔的・非合理的教えをほのめかし始めた。そして暗示により当時勃興しつつあった世代を堕落させようと試みた。その少年たちは、史上最大の戦争の戦場で砲弾の餌食になる運命にあった。心と知性の中にその種が植えられてきたが、まだ完全な実は結んでいなかった。種を蒔いたら刈り取らなければならない。これが永遠の神の基本法則である。それは何と恐ろしく悲劇的な刈り取りだったことか!


オリーブ園クリスチャン古典ライブラリー 本館
オリーブ園クリスチャン古典ライブラリー 本館へ


 教会やこの世が信仰の諸々の要素を幾らか持っていたように思われる時のことを、われわれの大部分は覚えている。ビクトリア時代の終わりと共に、教会は宣教の精神で満ちたように思われた。キリスト教圏の偉大な宣教者たちが神の諸々の真理を響き渡らせた。そして村の教会堂だけでなく国の大聖堂でも、礼拝者たちは神を信じる信仰により活気づけられた説教に耳を傾けた。

 この一大宗教改革に続いた宣教者たちは、ずっと昔に亡くなったものの、彼らに続いた人々の生活の中に生き続けてその影響力を及ぼし続けた。彼らは教会行政の問題や、教理解釈のいくつかの事例では異なっていたかもしれないが、みな「われらの祖先の信仰」を力強く歌うことができたし、この偉大な基礎の上に一人の人のように共に立っていた。

 この教会の影響力をキリスト教圏中が感じた。事実、その宣教の力は日の下にあるすべての国に影響を及ぼした。神の年代記の中で、それは疑いもなくフィラデルフィアの時代だった。それがフィラデルフィアの教会であることに、疑問の余地はなかった。それは使徒たちの時代以降、それに先立つどの時代にもまして、信仰復興、海外宣教の企て、都市伝道の開始、路上集会――そして積極的奉仕の他の手段――に大きく貢献した時代だった。

 傑出した信仰の人々の名が、天の星々のように輝いている――彼らは神の真理のたいまつであり、燃えるようなインドの砂地を渡り、中国の万里の長城を超え、アフリカの暗いジャングルを突っ切り、すべての大陸と海のすべての島々で十字架の旗を掲げた。それは積極的キリスト教の時代だった。聖霊が、保証としての奇跡により、主イエス・キリストの御名にあって素晴らしい偉業をなすよう、数千の十字架の兵士たちを鼓舞した時代だった。要するに、それは信仰の時代だったのである。神はそれを「フィラデルフィア」と呼ばれた。


オリーブ園クリスチャン古典ライブラリー 本館
オリーブ園クリスチャン古典ライブラリー 本館へ


信仰の意味
The Meaning of Faith

チャールズ・プライス
Charles Price


目次

一.信仰の挫折

二.信仰の意味

三.エリコの壁

四.信仰はどのように働くのか

五.はしごの段

六.宝石箱への鍵

七.信仰とは何か?

八.どのように信仰を得るのか

九.信仰はどのように成長するのか

十.神癒における信仰

十一.癒しのための信仰

十二.信仰は勝利である

十三.信仰と働き

十四.結論


オリーブ園クリスチャン古典ライブラリー 本館
オリーブ園クリスチャン古典ライブラリー 本館へ


 しかし、一言注意を述べよう。この祝福を求めるとき、自分の安息を失わないように気をつけようではないか。もし信仰の安息の中にもたらされているなら、もし彼の安息の中に入っているなら、いかなる考えによってもそこからおびき出されないようにしようではないか。神を待ち望もうとするなら、安息しきっていることほど必要なことはない。しかし、多くの人は「御霊のバプテスマ」を求めるあまり、完全に安息の中から抜け出てしまったのである。だから、われわれの熱心さが退化して性急な心配にならないように気をつけようではないか。

 もう一つの警告が必要である。何があっても、キリストから目を放してはならない。また、自分が求めている祝福はキリストの外に、あるいはキリストとは別に存在する、と思ってはならない。「あらゆる豊かさ」――すなわち御霊の充満――は彼の中に宿っていることを覚えよ。

 また、経験――何か異常な霊感――を得ることに自分の心を向けないように気をつけよ。進んで神の御旨の中に安息せよ。神に「あなたを所有してもらい、砕いてもらい、仕上げてもらえ」。そうするなら、神があなたを所有して下さる。

 証拠について一言。「自分が聖霊に満ちていることが、どうすれば分かりますか?」と尋ねる人が誰かいるだろうか?それを知ることにより、あなたはこれを確信するようになる。ヨハネ一四・一一と二〇の二つの御言葉を比較せよ。「私が父の中におり、父が私の中におられることを信じなさい」。「その日(御霊の充満があなたに臨む日)、私が父の中におり、あなたたちが私の中におり、私があなたたちの中にいることを、あなたたちは知るようになります」。「御霊の教えにより、信仰のみに立つべき時がいつなのか、あなたたちは知るようになります」。その日あなたたちは「この知識により、私とのあなたたちの交わりの豊かさを理解します」。御霊の充満はキリストをわれわれの意識に対して、現実の、内住する、すべてに十分な救い主とする。御霊はわれわれの注意をキリストから他の対象に逸らすことは決してない。御霊はキリストの栄光を表わす。御霊の充満を知れば知るほど、われわれはますますキリストをあがめ、ますますキリストで占有される。「御霊の経綸はキリストの啓示である」(カノン・ウェストコット)。

「霊の命にある自由の法則」 完


オリーブ園クリスチャン古典ライブラリー 本館
オリーブ園クリスチャン古典ライブラリー 本館へ


 しかし、この満たしの性質を認識しそこなっているせいで、多くの人が困惑している。

 聖霊をさらに得ようと求める代わりに、聖霊がわれわれをさらに得ることができるよう、われわれは自分自身を聖霊に委ねるべきである。

 ここで単純な例証が助けになるだろう。

 あなたが誰かを自分の家に迎え入れて、一つの部屋を与えたとする。その部屋はあなたの家で最善の部屋だが、まだその部屋しか与えていない、と仮定しよう。しばらくして、あなたはその人に別の部屋を与える。このようにあなたは続けて行き、一つずつ部屋を与えて、ついには全家がその人のものになり、その人の支配下に入る。

 さて、この場合、何が起きたのか?この人がますますあなたの家の中に入って来たということではなく、あなたの家がますますこの人のものになったということである。

 だから、忘れないようにしようではないか。御霊に満たされることについて述べる時、その祝福は神からの単なる影響や流出を受け取ることにあるのではない。御霊はひとりのパースンである。われわれは御霊を受けた。われわれが死から命に移った時、御霊はわれわれの心の中に入って来られた。信じてキリストに回心した時、われわれは個人的な聖霊を受けた。しかし、この祝福は次の点にある。すなわち、われわれはますます完全にその力と支配の下にもたらされたのである。御霊がさらに十分にわれわれを所有されたのである。

 これが全く聖められることである。霊――われわれの存在の中心部分であり、ここから再生の御業が始まる――だけでなく「霊・魂・体がすべて」――言わば家の中のすべての部屋が――御霊に明け渡される時、その時、われわれは「聖霊に満ちる」のである。


オリーブ園クリスチャン古典ライブラリー 本館
オリーブ園クリスチャン古典ライブラリー 本館へ

プロフィール
カレンダー
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
全記事表示リンク
検索フォーム
個人のブログに関するリンク集
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

電子書籍
Glorious Secret
ジェシー・ペン-ルイス
「栄光の奥義」


The Cross of Christ
アンドリュー・マーレー
「キリストの十字架」


ランキングサイト
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 聖書・聖句へ

人気ブログランキングへ ブログランキング

ブログのまどランキングへ ブログ王へ

ブログランキング【くつろぐ】

QRコード
QR
カウンター

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ