第七の妨げ:ギルガルで待機するのを無視すること

 ギルガルは、イスラエルの子らが良き地に入った後、彼らにとって最初の、彼らが必要としていた安息の地だった。そこで彼らは待機して、それまで無視されてきた割礼の問題に注意を払った。無割礼のまま」良き地に入ることもできたが、その状態で敵に立ち向かうことはできなかった。

 さて、恐るべきことに、天上には無割礼の信者がたくさんいる。彼らはキリストのための自分の奉仕を進める時、敵に勝利しようとするが空しい。彼らはエジプトの誹り――それらは様々な天然的特徴や習慣の形で彼らにしみついている――を完全に除き去ることに失敗したのである。

 聖書は良き地にいる信者たちに、少なくとも三つの方面で霊的割礼の儀式を命じている。心、口、耳の割礼である。

 心の割礼は高ぶりからの清めと関係している。それは、われわれの願望や愛着、動機や考え、決意や決断に関するものであり、神に対して又われわれの仲間たちに関してである(レビ二六・四一、申三〇・六)。

 口の割礼。これもまた重要である。なぜなら、「心に満ちていることを口は語る」からである。また、「あなたの言葉によってあなたは義とされ、またあなたの言葉によってあなたは罪に定められる」。

 イザヤ(六・五)は自分の力不足を嘆いている。汚れた口のせいで、万軍の主なる王にまみえて奉仕することができなかったからである。そして、確かに、制御されていない舌は無割礼の舌である。信仰を告白するクリスチャンたちの間に、制御されていないさまよう舌が何とたくさん見出されることか。

 耳の割礼。エレミヤは叫ぶ、「彼らの耳は無割礼であり、彼らは聞くことができない。彼らは主の言葉をあざけり、それを喜ばない」(エレ六・一〇)。無割礼の耳は、神の御言葉と御霊の御声に対して、故意に耳を閉ざすものである。

 そして今、親愛なる読者よ、主権者たちや権力者たちに勝利するのを遅らせてはならない。あなたがイエスと共に個人的に冠を受け、彼の栄光をもって輝き、彼の出現の時に彼のようになるまで遅らせてはならない。完全に打ち負かされてはならないし、御名のために耐え忍んでいる時に喜ぶことに失敗してもならない。大いなる「アーメン」であるありのままの諸々の約束を証明する証拠を求めて斥候を遣わしてはならない。むしろ、すべてのことがあなたのために働いて、遥かに卓越した永遠の重い栄光となること、そして、あなたは彼にあって圧倒的な勝利者になれることを覚えよ!


オリーブ園クリスチャン古典ライブラリー 本館
オリーブ園クリスチャン古典ライブラリー 本館へ


第三の妨げ:先祖から受け継いだ現在の「諸々の伝統」

 もしかすると、これらのものが、霊的勝利が及びうる範囲に関するあなたの信仰に鉄の支配を課していて、従来の伝統的な境界を超えることを禁じているのかもしれない。ああ!旧経綸だけでなく新経綸においても、「先祖から受け継いだ諸々の伝統」の邪悪な影響は、とても巧妙なものなのかもしれない。教会の中には防腐処理を施された数々の理論がある。それらの理論はその古めかしさのゆえに崇敬されているが、それらを疑わずに崇敬している人々は、それらと一緒に自分も防腐処理を施される経験をしているのである。

第四の妨げ:自信の残滓

 これらのものが存在するのは、自己に対して死に切っていないからである。あらゆる深さの恵みを経験する必要がある。自分の歩みと道に関する自意識が、キリストを意識することによって失われるようになるには、かかとに達する深さの恵みを経験する必要がある。奉仕のための力に関する自己満足が、「キリストの力は自分たちにおいて全うされる」という徹底的な弱さの感覚によって消え去るようになるには、腰にまで及ぶ深さの恵みを経験する必要がある。そして最後に、首にまで及んで頭を超える洪水が必要である。それは、知識、知恵、理屈、知的理解に関する自惚れが、われわれに対する知恵とされたキリストに関する啓示によってすべて消え去るまでである。

第五の妨げ:キリスト経験の実現ではなく、経験の実現を求めること

 これは昔ながらの陳腐な過ちであって、キリストではなくキリスト以外のものを求めることである。キリストのための自分の奉仕に敵対している主権者たちや権力者たちが、どれほど強く、またどれほど頻繁に自分を攻撃しているのかを理解している信者は、キリストのために又キリストを通して毎瞬勝利する勝利者としてキリストに信頼する代わりに、勝利するための力を求めて奮闘しがちである。

第六の妨げ:聖書の不適切な理解

 信仰によって天上に入ったことを理解している人々の中のあまりにも多くの者が、天上で成長・前進し続けることに失敗している。それは彼らが「約束の地の昔ながらの穀物」の代わりにマナを求めて日毎に聖書に向かい続けるからである。真理のマナ――それは日毎に少量だけ降って来て、露と共に消え去る――は荒野での巡礼には十分かもしれないが、霊的カナン人との戦いに召されている人々を力づけるには不十分である。

 天上にある信者は、「約束の地の昔ながらの穀物」である聖書の中のキリストで養われて力づけられる時はじめて、成長して、聖書を敵に対する確実な攻撃的武器として用いることができるようになる。これにより、彼は敵の詭計を暴いて、「こう記されている!」と述べるだけで敵を逃亡させることができる。


オリーブ園クリスチャン古典ライブラリー 本館
オリーブ園クリスチャン古典ライブラリー 本館へ


四.尋ね求めている信者と諸々の妨げ

 さて、御座の生活の実現を妨げるおそれがある諸々の妨げについて指摘することにする。その幾つかの妨げの性質はささいなものかもしれないが、その影響はささいなものではない。

第一の妨げ:不完全な願い

 勝利者になろうとするとき、あなたの動機はあなたが思っているほど純粋なものではないかもしれない。あなたは求めるが、受けない。受けないのは、自分の欲のためにそれを費やそうとしているからである。使徒ヤコブが書き送った人々と同じである。神の栄光のためではなく、何らかの霊的利益のためにそれを費やすことを、あなたは願っているのである。つまり、求めるあなたの動機が、求める必要性に関するあなたの確信ほど純粋ではないかもしれないのである。それで、あなたを困惑させることをサタンは許されているのである。「神は侮られるような方ではない」からである。

 あるいはまた、あなたの願いは純粋かもしれないが、低調で効果のないものなのかもしれない。あなたは「高度な」クリスチャン経験に安んじることに満足していて、最高のものを求めていないのである。それに到達するには、自己の意志が巧妙に保留しているものさえも明け渡すという代価が必要だからである。それらの保留物は、あなたの天然的性格の中に埋め込まれているものである。例えば、好奇心、批判的な気難しさ、独立心、方針、あるいは他の個人的に保留しているものである。これらは献身の初期の段階ではほとんどわからないが、今や、備えられている救いを完全に享受することを邪魔するのである。

第二の妨げ:感傷的で、頭でっかちな教理知識

 理論的に、あなたは自分がキリストにあって天上にあることを信じている。あなたはこの教理を聖書的であると受け入れ、それを主張して宣言する。しかし、それから実際的益をまったく得ない。それは勝利や喜びの実感をあなたに与えない。この教理はサタンに対する力に関する相応の経験に自分をもたらす、とあなたは夢にも思わない。明らかに、あなたの信仰のこの間違った考えはありふれたものであり、霊的真理の知的理解をその霊的理解と勘違いしたものである。このような誤った信仰には本物のような輝きと外観があるが、化粧張りやワニスのようなものであり、表面的であって本質的ではない。

 例えば、あなたは自分の天的地位を信じているが、それは多くの回心していない人々がキリストを自分の救い主として信じているのと同じことであり、あるいは、肉的な先入観を抱いている多くのクリスチャンがキリストを自分の聖別として信じているのと同じことである。つまり、それに付随する解放を経験・目撃していないのである。しかしその間、自分自身の経験から、あなたは次のことを知る。最初に義認のために、そして次に聖別のためにキリストをとらえて、喜びと自由の一連の明確な段階に入っていたとしても、自分は天上でキリストと共に王座に着いていることを受け入れることについては、それによる追加の益を全く自覚しないおそれがあるのである。それゆえ、あなたは今、知恵と啓示の霊が自分に与えられるように祈る必要がある。また、自分が知的に同意しているすべての真理に関して、光で照らされ、力づけられて、新たに喜べるように祈る必要がある。


オリーブ園クリスチャン古典ライブラリー 本館
オリーブ園クリスチャン古典ライブラリー 本館へ


三.サタンを対処しつつ、尋ね求めている信者


 ヘブル四・一六で命じられている聖なる大胆さにより、そして、それまでは自惚れや罪としか思われなかったが、今では神によって与えられ、霊感されていると感じる、確信と決意とをもって、信者は次の四つの果敢な行動を決意する。

1)戦いの順序

 最初の一歩として、信者は今から後、神の御言葉は真に不変な真実であると見なそうと決意する。それは、自分に示されたところにしたがってであり、キリストと共に王座に着いていることによる自分の現在の地位と特権に関してである。その地位と特権は、信者のすべての敵を遥かに超えたものである。彼は神の見解を自分自身の見解とすることを決意する。疑わずに、この瞬間から、絶えず、環境や見た目に関係なく、そうすることを決意する。自分はキリストの中にあり、自分を不幸にするサタンの力を全く超越している、と彼は考える。そして、この決意にしたがって、彼は跪き、信仰のこの確固たる立場に関して神と契約を結ぶ。

 第二に信者は、神から与えられた自分の地位、特権、権利を受け入れた後、その時々の困難に関してそれらを経験したいという自分の要求の基礎を、この事実の上に置くようになる。言わば、彼はこの事実を、多数の障害物をひっくり返す信仰のてこを置くべき支点として用い始めるのである。

 第三に、信者は自分の意志を、無条件の断固たる信仰の行動に集中する。言わば、自分の全体重を信仰のてこの上にかける。それは、信仰の祈り又は信仰の命令を発することによってであり、神に導かれつつ、確信をもって神を信じつつである。また、キリストにある自分の地位にしたがって、自分は神の御旨に従っていることを、心の中で疑わずにである。

 最後に信者は、証拠やしるしをまったく待つことなく、「祈り求める時、すでに受けたと信じなさい」というマルコ一一・二四の神の命令に徹底的に従う。そのため、「山はすでに移った」と彼は見なす。そこで直ちに自分の信仰を働かせて、祈る代わりに賛美する。自分を愛して下さった御方を通して自分はすでに圧倒的勝利者になっていると、彼は神をほめ始める。

2)この戦いの結果

 これは、信者の穏やかで晴れやかな心の状態からわかる。この心の状態は、外側の諸々の困難が直ちに消え去った場合でも、あるいは、その訓練の形がしばらくのあいだ続いた場合でも、同じである。どちらにせよ、信者は勝利者であって、勝利を自覚している。勝利の現れを待つ必要があることがわかった場合でも、その間、ヘブル一・一三、一〇・一二、一三の模範にしたがって、御父の右で、イエスと共に待つことの幸いを信者は理解する。そしてそれ以降、自分の敵どもが万人の目の前で公然と自分の足台となる時まで、喜びつつ期待するのである……。

 そして、この勝利全体の秘訣は次の点にある。すなわち、王座に着いたキリストにあって持っている自分の地位・権利・特権を理解するよう、御言葉を通して信者を照らされた聖霊、そして次に、それらの地位・権利・特権を実際に要求する信仰を信者に授けられた聖霊は、今や、信者の内なる人を力をもって強めて、それらの地位・権利・特権を実現し、サタンに対して勝利させるのである。実際にアマレク人が打ち破られるのである。


オリーブ園クリスチャン古典ライブラリー 本館
オリーブ園クリスチャン古典ライブラリー 本館へ


2)この事実を実現させる鍵の探求

 信者は今や、キリストにある自分の地位、権利、特権に関する教理を得て、自分はそれらを知的にしか理解していないと感じる一方で、それらを経験的にも知りたいと願う。つまり、享受して、勝利したいと願う。このように促されて、彼はさらに御言葉を探求し、この状況に至る鍵であるエペ一・一六~一八を見い出して喜ぶ。「どうか私たちの主イエス・キリストの神、栄光の父が、彼を知る知識を得させ、知恵と啓示の霊をあなたたちに与えて下さいますように。また、あなたたちの心の目が照らされて(中略)信じる私たちに対する彼の力の卓越した偉大さを知りますように」。

3)見つけた鍵の活用

 信者は今や、この新しく発見した鍵を適用することに取りかかる。すなわち、自分のための祈りの中で、これらの御言葉に訴え始める。神を知る知識を得て、知恵と啓示の霊を受けられますように、と訴え始める。神の御言葉の中に述べられている聖霊の願いを祈ることによって、自分は神の御旨にしたがって祈っているのであり、「聖霊の中で祈っている」(ユダ二〇)のである、と彼は考える。それで、極めて恵み深い返答、並外れて豊かな返答さえも得られると確信する。

4)この鍵は経験への扉を開く

 この霊感を受けた祈りを用いて、日毎に神を待ち望んだ結果、望んでいた霊的理解力が与えられる、そして、信者は昔ながらの真理を新しい光の中で見ることができるようにされる。また、なじみ深い御言葉のそれまで理解していなかった貴い意味を自分の必要に対して適用し、信仰を活用して用いることができるようにされる。新鮮な光を放つものとして御霊が示される御言葉は多くあるが、信者は特に出一七・一三、ヨシ五・一三~一五、八・一八、一九、マコ一一・二二~二四、マタ一八・一九~二〇等を与えられる。

 こうして聖書を通して、聖霊は、御自身が内側に息吹いた祈りに応えて、信者の悟性を開き、そこにあるキリストに関する事柄を理解させる。そして今、聞くことによって生じた信仰が、それまで無敵だったサタンの要塞を、霊


オリーブ園クリスチャン古典ライブラリー 本館
オリーブ園クリスチャン古典ライブラリー 本館へ

プロフィール
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
全記事表示リンク
検索フォーム
個人のブログに関するリンク集
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

電子書籍
Glorious Secret
ジェシー・ペン-ルイス
「栄光の奥義」


The Cross of Christ
アンドリュー・マーレー
「キリストの十字架」


ランキングサイト
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 聖書・聖句へ

人気ブログランキングへ ブログランキング

ブログのまどランキングへ ブログ王へ

ブログランキング【くつろぐ】

QRコード
QR
カウンター

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ